ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

不鮮明なナンバーも判読する警察の映像解析技術

防犯カメラは“監視される”という印象が強くありました。しかし、さまざまな事件解決に防犯カメラが役立ったというニュースが増えるにつれて、今は“犯罪抑止に効果がある”と変化しています。防犯カメラが警察の捜査にどのような影響を及ぼしているのか、元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏に実情を聞きました。


スポンサーリンク
不鮮明なナンバーも判読する警察の映像解析技術

防犯カメラ映像に犯行過程が残る

東京・上野のアメ横で、防犯カメラがスリグループの犯行の一部始終を捕らえたものもあります。「真打ち」というスリの実行犯が、被害者の女性に接近。「幕」と呼ばれる目隠し役が犯行を行いやすいように女性の注意をそらします。

そして、スリを実行した真打ちは、盗んだものを「シキテン」と呼ばれる見張り役に渡す…というのが一連の流れです。通常であれば真打ちは捕まっても、盗品は所持していない…となるところ。しかし、このケースでは犯行過程がすべて防犯カメラの映像に残っているため言い逃れできないというわけです。

このように、警察は犯罪が発生するとすぐに防犯カメラの映像を押さえます。捜査支援分析センター、いわゆるSSBCは犯罪捜査で得られた情報を集約・分析し、迅速に犯人を割り出すために2009年に新設された部署。ちなみに、SSBCはセンター名をローマ字読みした頭文字です。

不鮮明な防犯カメラ映像でも判読

ここでDAIS(捜査支援用画像分析システム)を使えば、隣接する画像情報による補完で粗い画像を鮮明にすることが可能。不鮮明で全く見えない防犯カメラ映像のナンバープレートの数字なども簡単に判読できます。数字は0~9までしかないため、少ない情報でも解析が容易で、ほぼほぼ間違いは無いようです。

警察・検察などの公的捜査機関では、捜査支援用画像処理システム「イメージレポーター」が使われることもあります。さまざまな形式の動画・静止画を高速で読み込み、画質を改善。解像度向上・暗闇補正・ノイズ除去などに加え、広角レンズの歪み補正もできるのです。

人物の特定も飛躍的に容易になりました。不鮮明な画像でも骨格などから割り出すこともあれば、後ろ姿で顔が全く映っていなくても歩き方などその人のクセからも分析できます。人の歩き方は千差万別。歩く様子から人物を特定するのが、世界初の歩容鑑定です。既に実務評価段階で、現場からの期待も高まっています。

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察官の給料!死体収容の特殊手当は1体1,100円
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事