ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ

探偵の調査では依頼者を調査員にしてしまうこともあります。社内スパイの調査や自宅での浮気調査など、依頼者の方が調査しやすい場所での活動には、探偵がアドバイスして監視ツールを設置するのです。そんなときは小型の基板カメラを防犯カメラとして活用するといいます。



スポンサーリンク
小型防犯カメラに動体検知機能付き基板カメラ

小型防犯カメラが社内調査に活躍

匠ブランドの動体検知機能付き基板カメラ「TMC-P200」はカメラの首が長いので、タンスの隙間などに仕込むことが可能。帽子やバッグなどに組み込めばオリジナルの小型の防犯カメラが出来上がります。

TMC-P200の解像度は動画なら1280×720ピクセル、静止画なら2592×1944ピクセル。記録メモリーはmicroSDで、最大32Gバイトです。駆動時間は2時間で、サイズが55W×38H×13Dmm/25gとなっています。

例えば、誰もいない社内のPCからデータを盗み出す従業員。「TMC-P200」は、充電を節約しながら怪しい人物の動きを敏感に察知して記録。小型防犯カメラとして社内調査などに活躍するでしょう。

小型防犯カメラのセット場所

小型防犯カメラとしてセットする場所は、家具の隙間に仕込むのが基本。タンスの狭い隙間から防犯カメラが顔を覗いていることには、まず気づかれないでしょう。

防犯カメラを日用品に組み込む手もあります。基板カメラは擬装カメラを自作できるのが醍醐味。ポーチなどが仕込みやすいでしょう。

なお、TMC-P200はリモコン付き。リモコンの「-」ボタンを2秒以上押し続けるとデータがフォーマットされ、「+」ボタンを押すと動体検知録画がオンになります。不測の事態で役立つかもしれません。この情報は『ラジオライフ』2014年11月号に掲載されていました。

■「防犯カメラ」おすすめ記事
超強力レーザーポインターは防犯カメラを焼く
ダミーカメラを改造して本物の防犯カメラにする
防犯カメラの設置は照明ソケットに挿すだけ!
防犯カメラの証拠映像が犯人逮捕につながる現在

■「防犯対策」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
ホームセキュリティを格安で実現するグッズ
ホームセキュリティを自分で格安で構築する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事