ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐禁で監視員を悩ませる私有地問題と植込み問題

駐禁を取り締まる駐車監視員や警察官の悩みの種となっているのが「私有地問題」と「植え込み問題」です。基本的に、放置車両が駐禁となるのは公道のみ。道路や歩道に面した私有地などに車両がある場合、駐禁を取り締まらないケースがあるといいます。駐禁の私有地問題と植え込み問題を見ていきましょう。


スポンサーリンク
駐禁で監視員を悩ませる私有地問題と植込み問題

駐禁には指定違反と法定違反がある

駐禁が適用されるのは大きく分けて2つのケース。駐車禁止などの標識や表示がある場所での「指定違反」と、標識などがなくても踏み切りや線路、歩道など道路交通法上で駐禁とされている「法定違反」です。

そんな駐禁で、駐車監視員や警察官を悩ませることの多いのが私有地問題。特にバイクはタイヤ1つまたいでいるだけで、取り締まりを逃れるケースもあるといいます。基本的に駐禁の取り締まりを受けるのは公道のみだからです。

また、私有地問題の中でも最近増えているのが公開空地(こうかいくうち)の駐禁。誰でも自由に歩行できる公開空地を設けることで、高層ビルなどを建設する際に容積率や高さ制限の緩和を受けられるため、都心ではよく目にするはずです。

駐禁とはいえず処理できないバイク

公開空地は土地の所有者がいて、道路ではないので通常の駐禁として取り締まりません。ただし、土地の所有者が警察に通報する可能性はあるでしょう。また、ここを歩道とみなす自治体の場合、駐禁の対象になるケースがあるのです。

バイクの駐禁では、植え込み問題もあります。歩道に駐車しているバイクは駐禁として処理されますが、街路樹などの植え込みに両輪が入っている場合、駐禁とはいえず処理することができないというものです。

やはり植え込みは公道ではないというのがその理由。そんな事例からか、都内では植え込みに駐車できないよう柵を設けているところもよく見かけます。ただし、植え込みに両輪が入っていても、埼玉県では違反車両扱いでNGになるようです。

このほか、駐車監視員は自転車と一緒に駐車されているバイクは、駐禁の取り締まりを避けがち。違反車両を撮影する際は、自転車が一緒に写らないようアングルに注意するほどです。自転車が止めてあるのになぜバイクだけが駐禁になるのかと、モメるケースが多いといいます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事