ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカー現行モデルの性能はフロントでわかる

白黒パトカーも覆面パトカーも圧倒的に多い車種がトヨタ自動車のクラウンです。現在、最もよく目にするパトカーが200系クラウン。二世代前の180系クラウンもまだ健在なほか、現行の210系クラウンも見かけるようになりました。ただし、210系クラウンのパトカーは2タイプあって、性能が大きく違うのです。


スポンサーリンク
パトカー現行モデルの性能はフロントでわかる

200系クラウンパトカーはロイヤル

パトカーの種類は大きく分けて4種類あります。白黒パトカーには「交通パトカー」と「警らパトカー」があり、覆面パトカーには「交通パトカー」と「捜査用パトカー」があるのです。

このうち、捜査用の覆面パトカーは刑事たちの足代わり。交通取り締まりは行いません。速度違反などに注意したいのは白黒も覆面も交通パトカー。交通機動隊や高速道路交通警察隊に配備されています。

この交通パトカーが、210系クラウンになって大きく様変わりしました。200系クラウンの交通パトカーは、警らパトカーと同じロイヤルベース。エンジンは警らパトカーが2,500ccに対して、交通パトカーは3,000ccのハイパワーモデルでした。

210系クラウンはアスリートに注意

ところが、210系クラウンのロイヤルは3,000ccモデルを廃止したため、2,500ccまでの設定しかありません。このため、交通パトカーは3,000cc以上の設定のあるアスリートベースに変更されたのです。

210系クラウンは200系クラウンと比べて、フロントグリルがバンパーレベルまで回り込むデザインに刷新。さらにアスリートのフロントグリルには、稲妻のような切れ込みが入った迫力ある外観となってします。

しかも、210系クラウンの交通パトカーは排気量が3,000ccから3,500ccにアップ。確実にパワーアップしています。このため、白黒パトカーでアスリートを見かけたら要警戒。また、覆面パトカーも210系クラウンはアスリートですから、怪しい雰囲気のアスリートを見かけたら注意しましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事