ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反を注意だけで見逃す警察官が増えた理由

各道府県の警察本部で管轄区域を超えた全域をパトロールするのが自動車警ら隊。警察内部では「自ら隊」と呼ばれたりします。自動車警ら隊は事件の捜査や指名手配犯の追跡、交通違反の取り締まりなど、その守備範囲が広いのが特徴です。しかし、自動車警ら隊で駐車違反を見逃がす警察官が増えたといいます。


スポンサーリンク
駐車違反を注意だけで見逃す警察官が増えた理由

駐車違反は点数が高くないのに複雑

警視庁の自動車警ら隊のパトカーは、赤色灯昇降装置とフロントガラス・天井・リアガラスに数字3ケタのコールサインが入っているのが目印。自動車警ら隊はパトロールを主な任務としています。

所轄の枠を超えて全域を巡回する自動車警ら隊は、いわば職質のプロ。不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務です。一方で、交通違反の取り締まりも実施しますが、彼らは駐車違反の取り締まりが苦手だといいます。

交通取り締まり一筋の元警察官は「自動車警ら隊は青キップ1枚で1ポイントとか毎月のポイントで評価されます。案件によって点数は違っています。しかし、駐車禁止違反は点数が高くないのに複雑で知識も必要」なのです。

駐車違反を注意だけで済ます警察官

このため、駐車違反を見逃がしてしまう警察官が多いといいます。「駐車監視員制度から、道路交通法上の駐車禁止区域を正しく覚えている警察官も減ったのでしょう」と話してくれました。

駐車違反といえば駐車監視員ですが、地方では駐車監視員のエリアは駅前だけの場合が多いもの。それ以外は警察官が取り締まります。しかし、駐車禁止区域は複雑。ゆえに、注意だけで駐車違反を済ましてしまう警察官が増えたというわけです。

このように、幅広く交通違反を取り締まる自動車警ら隊では、駐車違反は注意だけの警察官が増えているとか。とはいえ、駐車違反は交通の妨げになる迷惑行為。交通ルールはしっかり守りましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事