ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車禁止対策の助手席バイトは本当に効果ある?

「助手席バイト」で検索すると、免許不要で助手席に座るだけ…というアルバイト募集がたくさん見つかります。中には「駐車禁止対策」と明記した募集もあるほど。これは駐車禁止の場所でも人が乗っていれば、駐車ではなく停車になるという誤解が原因です。駐車と停止の違いをしっかり理解しましょう。


スポンサーリンク
駐車禁止対策の助手席バイトは本当に効果ある?

駐車禁止に関してのよくある誤解

駐車禁止に関して、多くのドライバーが混同しがちなのが「駐車」と「停車」の違いです。よくある誤解が、助手席に人が乗っていれば停車になるというもの。このほか、エンジンを止めているか否かというのもよくある誤解です。

駐車とは「運転者がクルマを離れて直ちに運転することができない状態」だけではありません。加えて「客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由によりクルマが継続的に停止すること」とも定義。ただし「5分を超えない貨物の積卸し」や「人の乗降」のための停止は除外されています。

すなわち、運転者がクルマを離れていなくても、5分を超えて荷物の積み下ろしをしていれば、停車ではなく駐車になるということ。それが駐車禁止の場所であれば、駐車違反となってしまいます。

駐車禁止場所での監視員の確認業務

このように定義されているにも関わらず、なぜ駐車禁止対策に助手席バイトを募集しているのでしょう。そこには、駐車監視員が行っている駐車禁止場所での確認業務に関する誤解があるからです。

じつは、監視員が行っているのは駐車違反の取り締まり全般ではなく「放置車両」確認事務の業務。貼っているステッカーも駐車違反という文字が大きく書かれていますが、正しくは「放置車両確認標章」という名称です。

放置車両とは、違法駐車と認められるクルマで、運転者がそのクルマを離れて直ちに運転することができない状態にあるもの。このため、運転席や助手席に人がいる場合、駐車監視員はそのままスルーすることがほとんどです。これが、助手席に人が乗っていれば駐車禁止対策になるという誤解が生じた原因と考えられます。

しかし、駐車監視員がスルーするのは、駐車違反であっても放置車両ではないから。警察官が確認すれば駐車違反としてキップを切られることになります。駐車禁止場所での駐車は迷惑行為。交通ルールはしっかり守りましょう。

■「駐車禁止」おすすめ記事
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
路上駐車をしても駐車監視員がスルーする場所

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事