ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マル暴刑事の服装の趣味が暴力団員風になる理由

通称「マル暴」と呼ばれるのが刑事部捜査第4課。広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う部署です。警視庁では刑事部捜査第4課から独立し、組織犯罪対策部第4課となっています。マル暴刑事というと、ヤクザと見紛う警察のコワモテ集団。実はマル暴刑事の服装の趣味が暴力団員風なるのには理由があるのです。


スポンサーリンク
マル暴刑事の服装の趣味がヤクザに似てくる理由

マル暴刑事との接触に配慮した服装

捜査第4課に30年以上所属した元マル暴刑事に話を聞きました。マル暴刑事といえば、ヤクザさながらのコワモテイメージがありますが、実は理由がありました。

例えば、某広域指定暴力団では「刑事と接触してはいけない」というルールがあります。そこで、マル暴刑事と情報交換のために接触した時に「あれはどこのモンだ?」と他の者に思わせるために、服装に配慮しているというわけです。

また、暴力団員とマル暴刑事しか客がいないといわれる、行きつけの革製品店が東京・浅草に存在。もちろん、マル暴刑事はその店の従業員からどこの組の誰が来たとか情報をもらうために通っています。

ただし、情報をもらうためにはタダというわけにはいきません。マル暴刑事もしっかり客になってお店の人と関係性を築きます。その結果、クラッチバッグやベルトなどの小物をその店で買うため、服装の趣味がヤクザ風になってしまうのです。

マル暴刑事もコテコテの者が減った

マル暴刑事は元々、暴力団員と趣味が近いというのもあるといいます。「我々は同じ穴のムジナなんです。かつてはパンチパーマにヒゲ、サングラスなんてザラでヤクザとは元々、趣味が近いんです」と話します。

しかし、1992年の暴対法(暴力団対策法)以来「ひと目で暴力団員と分かる連中が減りましたね。今では半グレや企業に入り込むビジネスマン風の暴力団員など、一般人と区別が付きません」というのです。

このため「マル暴刑事もコテコテな見た目の者はだいぶ減りました」とのこと。「今は暴力団と警察の間の関係が希薄になってきており、組事務所にも入れなくなりつつあります。公安警察型の情報捜査が求められてきているのです」と、少々寂しそうに語ってくれました。

■「マル暴刑事」おすすめ記事
マル暴刑事が暴力団員と趣味が似てくる理由

■「刑事」おすすめ記事
捜査一課のほかに警察の刑事には何課あるのか?
警察のエリートコース「捜査二課」の仕事とは?
捜査三課の元刑事が教える泥棒から家を守る鉄則

■「警察官」おすすめ記事
キャリア警察官とノンキャリアの収入面の差は?
警察官の給料は特殊手当で公務員よりちょっと上
警察官は警視正以上は都道府県警でも国家公務員
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める

■「警察」おすすめ記事
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警視庁と警察庁は何が違う?警察組織を理解する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事