ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の違反キップをサイン拒否したらどうなる?

身に覚えがないスピード違反や一時停止違反で警察に違反キップを切られた時、サイン拒否したらどうなるのでしょう。そもそも納得がいかない交通違反はサインを拒否することは可能です。ただし、違反キップをサイン拒否したあとに起こることは、交通違反が青キップか赤キップかで異なるのでした。


スポンサーリンク
警察の違反キップをサイン拒否したらどうなる?

違反キップのサインを拒否したあと

交通違反でキップを切られた時、サインすることが義務と思い込んでいるドライバーは多いはず。しかし、違反キップへのサインは任意です。身に覚えのない交通違反で切られたキップをサイン拒否したあとの流れは、交通違反が青キップなのか赤キップなのかで異なります。

交通違反でも軽微なものは「反則行為」と呼ばれ、一定期間中に納付書に書かれた所定の反則金を納付すれば手続きは終了します。この納付書と一緒に渡される「交通反則告知書」が青キップです。

一方、一般道で時速30キロオーバーなど重い交通違反で渡されるのは「交通切符告知票」。これが赤キップです。赤キップの場合は、反則行為ではなく刑事罰として前科が付きます。いわゆる交通裁判所に呼び出されて、略式の裁判を行うのです。

キップのサインは違反を認めたこと

否認すれば不起訴率が高いといわれるのが青キップ。サインをすると当然、違反を認めたことになり、そのまま反則金の仮納付書を渡されます。ここで交通違反に不服ならサイン拒否。とはいえ、意志を固くして挑まなければなりません。青キップの場合は、交通裁判所にて潔白を主張して行くことになります。

一方の赤キップも、身に覚えがなければもちろんサイン拒否は可能。その後に来るのが、まず検察庁への出頭要請です。通常は略式裁判に応じるようにいわれますが、正式裁判に持ち込む意志を伝えます。

すると、後日の呼び出しを示唆されて、そのまま帰されることが多いとか。そのまま半年以上、出頭要請が来なければ不起訴の可能性もあるようです。

交通違反のキップにサインすることは違反を認めたことを意味します。納得がいかないならサインは拒否してもかまいません。もしくは、不服な点を書き入れてからサインすることもできます。もちろん、交通違反をしたと認識しているときは、素直に取り締まりに従いましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事