ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問の照会コードで何の容疑か判別する方法

職務質問で運転免許証などから警察無線で身元を「照会」するのを目にしたことがあるはず。実は職務質問で行われる身分照会は、犯罪歴や違反・事故歴、そして指名手配犯かどうかなどの個人に関する情報が通話コードで伝えられます。そこで、職務質問の照会コードで何の容疑か判別する方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
職務質問の照会コードで何の容疑か判別する方法

職務質問で照会センターに無線連絡

職務質問では、多くの場合は警察官2名で行うので、怪しいとなれば1名が質問している間にもう1名が運転免許証などから身元を照会するのが通常です。さっそく、具体的な職務質問の身分照会の通話例を見ていきましょう。

まず警察官は警察本部に「警視331から123(ひゃくにじゅうさん)」と無線連絡。「123」は照会センターの警察電話番号から来ています。警察本部が照会センターに取り次ぐと「123です、どうぞ」と現場の警察官につながるわけです。

警察官は照会センターに対して「免確(めんかく)による男、総合(そうごう)1本願います」と連絡。続いて、自分の所属コードやコールサインとともに、身分照会の対象者の氏名や生年月日などを送ります。「免確」とは運転免許証による氏名確認のこと。「総合」とは犯罪歴や指名手配などをまとめて照会することです。

すると、しばらくして照会センターから「A号ヒット、送ってよろしいか?」といった応答が来ます。「A号ヒット」とは犯罪経歴ありという意味です。

職務質問の内容を身分照会で変更

照会内容の通話コードは「A号」が犯罪経歴、「B号」が指名手配、「C号」が盗品、「L1号」が運転免許、「L2号」が違反・事故歴、「M号」が家出人手配、「S1号」が少年非行歴、「S2号」が暴走族、「Z号」が暴力団員、「車両C号」が盗難車。これらA号やB号などをまとめて紹介するのが「総合」となるわけです。

ここで現場の警察官が応答すれば、照会センターは「平成20年7月10日、08(ぜろはち)で神田にて現逮(げんたい)」と詳細を送ってくれます。「08」は覚せい剤のこと、「現逮」とは現行犯逮捕です。

犯罪の種類を表す通話コードは「01」が殺人、「02」が強盗、「03」が強姦、「04」が窃盗、「05」が公務執行妨害、「06」が暴行、「07」が銃刀法違反、「09」が凶器準備集合罪、「10」が放火。「00」が該当なしになります。身分照会で前科があれば、職務質問の内容をそれに合わせて変更して行くわけです。

なお、警察無線の交信は地域性があるため、職務質問の身分照会は各警察本部ごとに微妙に異なる部分があります。また、パトカーにはPATシステムが搭載されているので、照会は音声通話ではなくデータ通信で行われます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事