ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面も白黒もパトカー危険度は「顔つき」で判別

パトカーの車種で圧倒的に多いのがトヨタ自動車のクラウンです。ただし、クラウンと一口に言っても、世代ごとに性能差が存在。特に210系クラウンと呼ばれる最新パトカーについては、覆面も白黒も交通取り締まり用のパトカーがパワーアップ。スピード違反の取り締まり危険度もアップしているのです。


覆面も白黒もパトカー危険度は「顔つき」で判別

交通パトカーが大きく様変わりした

白黒パトカーも覆面パトカーも、よく見かける車種はクラウン。中でも、一世代前となる200系クラウンを目にすることが多いでしょう。二世代前の180系クラウンもまだ健在です。そして、現行の210系クラウンの白黒パトカーや覆面パトカーも見かけるようになりました。

ちなみに、パトカーは大きく4種類に分けられます。白黒パトカーは交通取り締まり用の「交通パトカー」と、パトロール用の「警らパトカー」が存在。覆面パトカーにも交通取り締まり用の「交通パトカー」と、刑事が使用する「捜査用パトカー」があるのです。

このうち、捜査用の覆面パトカーは刑事たちの足代わり。交通取り締まりは行いません。スピード違反など危険度が高いのは、白黒も覆面も交通パトカーです。これら交通パトカーは、交通機動隊や高速道路交通警察隊に配備されています。

実は、交通パトカーは白黒も覆面も210系クラウンになって大きく様変わりしました。200系クラウンの場合、交通パトカーも警らパトカーも「ロイヤル」がベース。エンジンが警らパトカーが2,500ccに対して、交通パトカーが3,000ccでした。

交通パトカーがパワーアップした

ところが、210系クラウンではロイヤルに3,000cc以上の設定がありません。このため、交通パトカーは3,000cc以上の設定のあるグレードである「アスリート」ベースに変更されたのです。

それに伴って、210系クラウンとなった交通パトカーは3,000ccから3,500ccに排気量がアップ。覆面パトカーも210系クラウンはアスリートですから、同様にパワーアップしているのです。

そんな210系クラウンは200系クラウンと比べて、フロントグリルがバンパーレベルまで回り込むデザイン。加えてアスリートのフロントグリルは、稲妻のような切れ込みが入った迫力ある「顔つき」になっています。

白黒パトカーでアスリートを見かけたら要警戒。また、ピカピカに洗車されたアスリートを見かけたら覆面パトカーの可能性もあるので注意しましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事