ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捜査四課の刑事がコワモテ風の服を着る理由とは

通称「マル暴」と呼ばれるのが刑事部捜査四課。広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う部署です。警視庁では刑事部捜査四課から独立し、組織犯罪対策部第四課となっています。マル暴刑事というと、ヤクザと見紛う警察のコワモテ集団。実は捜査四課の刑事がコアモテ風の服を着るのには理由があるのでした。


捜査四課の刑事がコワモテ風の服を着る理由とは

捜査四課の刑事がひいきにする鞄屋

捜査四課の刑事は、一見するとどちらが暴力団員か?と見紛うほどコワモテ揃いなのも特徴。なぜ、捜査四課はヤクザとファッションが似てくるのでしょうか。退官まで30年以上、警視庁組織犯罪対策部で捜査四課畑を歩んだ元警部は言います。

「今では半グレや企業に入り込むビジネスマン風のヤクザなど、一般人と区別が付きません。捜査四課の刑事もコテコテな見た目の者はだいぶ減りましたが、やはりナメられないように“ビッ”とするようには心がけています」とのことです。

「東京・浅草には、ヤクザ者と捜査四課の刑事がひいきにしている鞄屋が何軒かあります。そこに行くのは理由があり、どこの組の者が来たとか情報を得るため。客として革の鞄などを特注して、店主と関係を築いていくんです」と話します。こうして捜査四課の刑事にはコワモテ風のファッションアイテムが増えていくわけです。

「ヤツらに服装でナメられないように、こだわりのアイテムを持つように心がけていました。なので、ライターでも100円の使い捨てなんて絶対に持てません。オイルライターが基本です」といいます。

捜査四課の刑事もスマートな服装

「我々はヤクザ者みたいに10万~20万円もするビラ(背広)は買えませんが、高くなくてもビッと着こなせばそれなりに見えるもんです。若い捜査員にも、徹底指導しましたね」とのことです。

とはいえ現在は、捜査四課の刑事といえども公安警察などのようにスマートな服装が多くなっています。そこには、捜査方法の変化もあるとか。「昔は組関係のエス(スパイ)と会うために、配慮してヤクザのような格好をしている面もありました」とうように、コワモテ風の服を着ることに理由があったわけです。

「その時代は、組事務所への出入りなんて当たり前。よく言われる『昼メシを食べさせろ』なんていう利益供与に当たることはしませんでしたが、ヤツらが何かしようという動きをそこで察知していました」といいます。

「今は暴力団と警察の間の関係が希薄になってきており、組事務所にも入れなくなりつつあります。公安警察型の情報捜査が求められてきているのです」と話してくれました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事