ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反で青キップと赤キップは「前科」が違う

「違反キップを切る」という表現は、警察官が取り締まりに使う書類が5枚くらいで1綴りになっていて、そのうちの1枚をピッと外して違反者に交付するところからきています。そして、渡された紙が青色なら青キップ、赤色なら赤キップというわけです。交通違反の赤キップと青キップは何が違うのでしょう?


交通違反の青キップと赤キップの違いは「前科」

青キップは6点に満たない交通違反

交通違反をすると違反点数が付きます。免許を取得すると、もともと0点だったところに違反の種類によって点数が付加されるシステムです。その点数が一定以上累積すると、免許停止や取り消しなどの行政処分が下されます。

例えば、一般道で時速15km未満の速度超過は1点、30km以上50km未満だと6点が付加。そして、違反点数とは別に交通違反の内容に応じた反則金や罰金を払う義務が違反者には発生するのです。

このうち、6点に満たない交通違反の中でも軽微なものを「反則行為」と呼び、一定期間中に反則金を払えば刑事手続きをとらなくて済みます。この「交通反則告知書」を通称・青キップというわけです。

赤キップの罰金は刑罰なので前科

これに対して、例えば酒気帯び運転は13点以上の違反点数が付き、刑事手続きをとらなければなりません。このような悪質な違反や重い違反には「交通反則告知票」が渡されます。これを通称・赤キップというのです。

このように、赤キップは刑事手続きをとるため、懲役または罰金という刑罰の対象となります。前科とは裁判で刑罰を受けたことがあるということ。赤キップの罰金も刑罰なので前科となるのです。一方、青キップは前科の付かない反則行為。その間にはかなりの差があるでした。

このほか、違反点数の累積による行政処分は、3年以内の前歴によって異なります。前歴がなくても、違反点数が6~8点だと30日の免許停止。これが「赤キップで一発免停」となる仕組みです。また、前歴が1回あると、4~5点で30日の免許停止、6~7点で60日の免許停止となります。なお、最後の違反から1年間を無事故・無違反で過ごせば累積点数はゼロにリセットされます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事