ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

セキュリティポリス(SP)がボタン留めない理由

国内外のVIPを警護する「SP」はセキュリティポリスの略。ドラマや映画の題材としてよく取り上げられるSPは、ほかの警察官とは違っていわばスーツ姿が制服。装備品もSPならではのものとなっています。そこで、体を張ってVIPを警護するSPの拳銃などの装備品について詳しく見ていきましょう。


セキュリティポリス(SP)がボタン留めない理由

セキュリティポリスは警護課に所属

VIP警護のスペシャリストであるSPことセキュリティポリスとは、警視庁警備部警護課に所属する警官のこと。その他の警察本部では「警備隊員」「身辺警戒員(PO)」などと呼ばれて区別されています。

SPは、原則として身長175cm以上、柔道もしくは剣道三段以上、けん銃射撃の名手、日常英会話をこなせる者など、厳しい条件で選抜されていて、平素から厳しい訓練を積み重ねています。

SPがよく使用する拳銃は「SIG P230JP」というSIG社製の32口径小型オートマチック。1995年頃から配備が開始されています。SP専用ではなく、一部の制服警察官や私服警察官にも支給されています。

また「グロック17」はSPや警衛官などに配備されているグロック社製の大型ハンドガンです。軽量なポリマーフレームや、扱いやすいトリガーセーフティなど独自の仕様を備えています。

セキュリティポリスの上着ボタン

SPことセキュリティポリスは拳銃や特殊警棒のほか、防弾アタッシュケースや防護板、防弾コートなどを装備し、万が一に備えています。いざという時に素早く腰や脇に携帯している装備品を取り出すため、スーツの上着ボタンを留めないのが基本スタイルです。

スーツの襟に付けるバッジには「SP」の文字。偽造防止用に不定期にカラーを変更しています。ネクタイはSPの文字デザインが抜かれた赤色です。

ドラマや映画で描かれるように、SPは無線連絡を頻繁に行っています。無線機を内ポケットに隠し、コードを袖に通してマイクを手の中に収めて使用。手の平で口を覆うようにして通話を行えば、連絡を取っているようには見えません。

加えて、イヤホンも髪の毛やメガネなどで目立たないように工夫しています。SPや特殊部隊で採用しているイヤホンは半透明のカールコード型イヤホンセット。首の後ろから耳に通して使用します。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。