ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

運転免許証のICチップから読み取れる情報とは

身分を証明するものとして最もよく使われるのが運転免許証です。インターネットカフェの会員証から携帯電話の契約まで、さまざまな場面で利用されています。そんな運転免許証がICカード化されていることは意外に知られていません。しかも、運転免許証のICチップの情報はスマホアプリで読み取ることができるのです。


運転免許証のICチップから読み取れる情報とは

運転免許証には透かしのマーク

2007年から導入された運転免許証のICカード化。スマホのライトなどの光源を運転免許証の裏から当ててみると、偽造防止の透かしのマークにまぎれて、顔写真の左側あたりに四角いICチップが埋め込まれていることが確認できます。

この運転免許証のICチップに書かれた情報は、NFC機能のあるスマホとAndroidアプリ「IC運転免許証リーダー」で確認が可能です。この無料アプリを利用すると、ICカード化前には記載されていた本籍地の住所が表示されます。

ただし、アプリで誰でも簡単に個人情報を確認できるわけではありません。免許証発行時に登録した2種類の暗証番号(1・2)が必要になります。本籍地と顔写真以外は「暗証番号1」のみの入力でOKです。

運転免許証のICチップに本籍地

なお、暗証番号は3回間違えると情報を読み出すことができなくなり、警察署などでパスコードを再発行してもらう必要があります。間違えてロックさせないように気を付けなければなりません。

実際に、運転免許証のICチップの個人情報を読み取る方法はアプリを起動後、暗証番号を入力します。免許証に近づけるだけでICチップに書き込まれた個人情報が読み取れるのです。

正しい暗証番号を2つ入力すると「顔写真+本籍地情報」まで含めた運転免許証の個人情報がモノクロで表示。表示された情報で「通称名」という項目は空欄でした。また「統一氏名」という項目は、機械による読み取り用のものと考えられます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事