ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビール500ml缶を飲んで酒気帯び以下になる時間は?

飲酒運転は絶対にしてはいけません。とはいえ、飲酒して何時間でアルコール濃度が酒気帯び運転の数値以下になるかは曖昧です。そこで、実際にビール500ml缶を飲んで酒気帯び運転にならない血中アルコール濃度になる時間を測定してみました。はたして、ビール500ml缶を飲んで酒気帯び以下になる時間はどれくらいでしょう。


ビール500ml缶を飲んで酒気帯び以下になる時間は?

酒気帯び運転のアルコール濃度

飲酒運転で、呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上だと「酒気帯び運転」となります。赤キップが切られ、刑事罰として3年以下の懲役または50万円以下の罰金。違反点数は13点で、過去3年間に前歴がなくても一発免停となり、90日間運転できなくなります。

同じ酒気帯び運転でも、呼気1リットル中のアルコール濃度が0.25mg以上だと違反点数は25点で、過去3年間に前歴がなくても免許取消の対象。2年間は免許が取れなくなります。

ちなみに「ろれつが回らない」「千鳥足」「まっすぐ立てない」といった酔っ払い特有の現象が見られ、酩酊状態と判断されると「酒酔い運転」が適用。酒気帯び運転よりも罪は重く、当然、赤キップの対象。5年以下の懲役または100万円以下の罰金。違反点数は35点となります。

ビール500ml缶を飲んで時間を検証

さて、クルマに乗っているにもかかわらず「乾杯だけ」の言葉を断り切れずに飲んでしまって、仕方なくクルマの中で仮眠して酔いが覚めるのをひたすら待った…という経験がある人は人は少なくないはずです。

こうした場合、飲酒して何時間で酒気帯び運転でなくなるのでしょうか? 1つは、道路交通法的に血中アルコール濃度が0.15mg/l未満であること。もう1つは、常識的に平常時と同じ判断能力・運転能力であることが必須です。

その意味で、自分のアルコール分解能力を知っておくことは大切なこと。そこで、実際にアルコール検知器を使って、ビール500ml缶を飲んで酒気帯び運転にならないアルコール分解の時間を検証してみました。


酒気帯び以下になった時間は90分

実験は、500mlのビールを20分かけて飲んで、その15分後に測定を開始。15分おきに呼気アルコール濃度を測定します。0mg/lになったら実験終了です。

アルコール検知器は中央自動車工業の「sociacα」(実勢価格13,000円)を利用。空腹時に実施しました。ちなみに、体重や性別、飲んだお酒の量などからアルコール分解時間を教えてくれるアプリ「AlcCalc」の予想では3時間20分です。

飲酒後、ジュースやクスリなど一切口にせず、純粋にアルコール分解にかかった時間は2時間45分。アルコール分解の予想時間と大差なく、被験者は平均的なアルコール分解能力の持ち主であると考えられます。ちなみに、酒気帯び運転にならない血中アルコール濃度0.15mg/l未満になったのは90分でした。

■「酒気帯び」おすすめ記事
飲酒検問は路地に逃げても警察官が待機している
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮

■「交通違反」おすすめ記事
白バイの車種でわかる交通違反取り締まり危険度
白バイは車種によって交通取り締まり性能が違う
覚えのない一時停止違反を乗り切るための交渉術
運転免許証番号でわかる出身地と取得年の読み方
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事