ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

横断歩道を渡る時に最も注意が必要な都道府県は?

生活道路に限らず、幹線道路でも信号機のない横断歩道はよく見かけます。こうした横断歩道の場合、基本的に歩行者優先ですが、実際に自動車が止まってくれるかどうかは地域によってバラバラです。今回は、横断歩道で止まる「優しいドライバー」が多い都道府県がどこかを見てみます。


横断歩道でドライバーが歩行者に優しい都道府県は

横断歩行者等妨害等の違反点数は2点

信号機のない横断歩道では、渡ろうとしている歩行者がいる場合、自動車側は一時停止しなくてはいけません。これを守らないと「横断歩行者等妨害等」という違反になります。

横断歩行者等妨害等の反則金は普通車(軽自動車を含む)では9000円。反則金の額は駐車違反の1万5000円などより少ないですが、それでも1万円近くになります。また、違反の点数は横断歩行者等妨害等の場合は2点です。

交通違反ではあるものの、歩行者のいない横断歩道での一時停止はあまり守られていないのも現実です。そして、自動車ユーザー団体・JAF(日本自動車連盟)が2018年の8月から9月にかけて実地調査を行い、都道府県別の「止まる率」の結果を発表しています。

一時停止の割合が最も低かった栃木県

JAFの調査は、信号機のない横断歩道へ実際に職員が行き、横断歩道を渡ろうとした際どれぐらい一時停止するか、という方法で行っています。調査地点は全国各都道府県2か所ずつです。

すると、歩行者がいた場合に一時停止する割合が一番多かったのは長野県の58.4%でした。続くのが静岡県39.1%、石川県26.9%、島根県26.5%、鳥取県25.6%で、ここまでが「4台待てば1台は止まってくれる」計算になります。

一方、一時停止する割合が一番低かったのが栃木県の0.9%。以下低い順に広島県1.0%、三重県・和歌山県1.4%、青森県2.1%となり、これらの県では一時停止をしてもらうことはほぼ期待できません。ちなみに、全国平均も8.6%と低い割合になっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事