ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビール500ml缶で酒気帯び基準以下になる時間は?

飲酒運転は絶対にしてはいけません。酒気帯び運転や飲酒運転の処分も重くなっています。そのためにも、アルコールが分解されて酒気帯びの基準値以下の数値になる目安の時間は知っておきたいところ。そこで、ビール500ml缶の飲酒後に酒気帯び基準以下になるアルコール分解の時間を調べてみました。


ビール500ml缶で酒気帯び基準以下になる時間は?

酒気帯び基準値以下になる時間を検証

酒気帯び運転は絶対にNG。しかし、やむを得ない事情で飲み会にクルマで参加して「乾杯の1杯だけ」を断り切れずに飲んでしまい、仕方なくクルマの中で仮眠して、酔いが覚めるのをひたすら待ったという人もいるでしょう。

そうした場合、酒気帯び運転にならないためにはどれほど待てばよいのでしょうか。1つは、道交法的に血中アルコール濃度が0.15mg/l未満であること。もう1つは、常識的に平常時と同じ判断能力・運転能力でなければなりません。

その意味で、自分のアルコール分解能力を数値化して知っておくことは、酒気帯び運転にならないためには大切。そこで、実際にアルコール検知器を使って、酒気帯び運転の基準値以下になるアルコール分解の時間を検証してみました。

90分後には酒気帯びの基準値以下に

酒気帯びの基準値以下になるアルコール分解のテスト方法は、アルコール度数5%の500mlビール缶を15分かけて飲酒。うがいをせずに以降、15分ごとに呼気中のアルコール濃度を測定しました。

テストは食前に実施。被験者は50代で体重70kg。飲酒は週に1回で、ビール(350ml)を1本程度。お酒は弱い部類といえます。

空腹状態で500mlのビールを1本飲んだ後に(ツマミは無し)、うがいはせずに安静状態でアルコールが分解されるのを15分置きに計測。30分後に重度(違反点数25点)の酒気帯び運転の値、赤いラインの0.25mg/lまで低下しました。

そして、90分後には軽度(違反点数13点)の最低値、青いラインの0.15mg/lに。被験者のアルコール分解能力は平均的な数値といえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事