ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察用語の「現場」は読み方で意味が違っている

誰でも一度は憧れるのが刑事という職業。しかし、多くの人が抱くイメージの大半は、刑事ドラマによって作られたものであることが多いのも事実です。それもそのはず、多くの人は、実在する刑事に接する機会はそうそうありません。そこで、現場の刑事が使っている警察用語について詳しく見ていきましょう。


警察用語の「現場」は読み方で意味が違っている

刑事が使う警察用語で被害者はマルガイ

刑事ドラマでは出てくるけど、現場では使われていない警察用語の代表格が「ガイシャ」です。警察用語で被害者は「マルガイ」で、「マルヒ」が被疑者、「マルモク」が目撃者。これらは警察無線の用語から来ています。

刑事が使う警察用語では「帳場(ちょうば)」は捜査本部のこと。「帳場が立つ」とは捜査本部が開設されるという意味です。

ニュアンスで使い分けられる警察用語もあります。例えば「げんじょう」と「げんば」の使い分けです。いわゆる現在進行形、つまり事件が起きたばかりだったり、捜査中の現場は「げんじょう」といいます。しかし、解決して過去のものとなった事件の現場なら「げんじょう」ではなく「げんば」となるのです。

警察用語は時代とともに変化していく

警察用語は時代によっても変化します。例えば、刑事ドラマなどでよく耳にする拳銃を表す「チャカ」という警察用語は、現在では「腰道具」と呼ぶのが一般的です。広く知られてしまったことにより、警察用語が変化してしまいました。「腰まわり」は手錠や拳銃、警棒など帯革に付ける装備一式のことを意味します。

警察用語「ひかえ」は警察手帳を見せること。「かみ」「ふだ」は令状で「ガサのかみ」で家宅捜査令状です。「がさじょう」と呼ぶ場合もあります。「たれ」は被害届のことです。

警察官のことは「おでこ」。制帽の旭日章が由来です。「さつかん」と呼ぶこともあります。「はこ」は交番のことで、「はっしょ」が派出所のこと。逆に「おもや」は都道府県警本部のことを指します。「ちょうば」は捜査本部のことです。


警察用語で事件を「へん」で表現する

さらに、犯罪を意味する警察用語はかなり独特な言い回しになります。「のび」は泥棒で「忍び」が語源です。「よこ」は横領のこと。「うかんむり」は窃盗・空き巣で「窃」の漢字から来ています。「ごんべん」は詐欺師・詐欺事件のことです。

このほか「さんずい」は汚職事件のこと、「ゆみへん」は強盗、強姦など「強」がつく犯罪です。また、強盗事件は「たたき」とも呼ばれます。「にんべん」は偽造事件です。ユニークなところでは「らじお」が無銭飲食。無線と無銭をかけています。

なお、死者や死体のことは「ろく」と呼びます。これは「南無阿弥陀仏」の六文字が語源です。そして「まぐろ」は轢死体のことを意味します。

捜査四課の刑事の警察用語は少し特殊

刑事の中でも捜査四課のマル暴刑事が使う警察用語は少し特殊かもしれません。例えば、ヤクザを表す隠語だけでも「看板背負っている」「スミ背負っている」「ゲソつけてる」「スジモン」など、いろいろな言葉が使われています。

そのほか、マル暴刑事の警察用語で「刺青」は、銃撃事件の火薬の飛散痕のこと、「エンコ詰めてる」は暴力団を辞めていることを意味します。「踊る」は暴れるという意味です。

さらに「親・チャカ」が鉄砲、「子・ギョク」が弾丸となります。「Z号」は暴力団関係者照会、「マルB・マルG」は暴力団関係者、「面ぐれ」は顔を知っていることを意味する警察用語です。

■「警察用語」おすすめ記事
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?

■「警察官」おすすめ記事
キャリア警察官とノンキャリアの収入面の差は?
警察官の給料は特殊手当で公務員よりちょっと上
ノンキャリアの警察官の厳しい出世競争と退職金
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察官の制服「冬服・合服・夏服」使用期間は?
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

■「警察」おすすめ記事
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警視庁と警察庁は何が違う?警察組織を理解する
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事