ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

2人組の職務質問は階級章で話す相手を見極める

警察官2人組で行われる職務質問では、どちらか一方が必ず上官という組み合わせ。9つある階級章を見抜いてしまえば、どちらの警察官に権限があるかが分かります。警察は階級制なので上官には逆らえないからです。職務質問を受けて話がこじれたら、階級が上の警察官と交渉した方が事態を収めやすいでしょう。


2人組の職務質問は階級章で話す相手を見極める

階級章が警部補だと職務質問しない

警察は階級制になっており、警察官が胸に付けている階級章によって識別できます。ただし、キャリアと呼ばれる、いきなり警部補からスタートする警察官は職務質問などしません。

すぐに昇進して階級章の棒の数を増やしていきます。階級章に金色が使われる警部補以上の警察官を街中で見かけることは、まずありません。彼らは内勤の官僚たちだからです。

一方、ノンキャリアで昇進してきた警部補は、交番や自ら隊などの現場で活動しています。ただし、交番所長や小隊長になり書類仕事が多く、職務質問など現場の第一線で活動する機会は減ってしまうのです。

階級章が巡査長の職務質問は慎重に

このため、現場に立って積極的に職務質問してくるのは、銀一色の階級章を付けた巡査部長・巡査長・巡査の警察官。特に交番勤務で実績を上げて勤務成績優秀者にならないと、巡査部長への昇任試験を受けられない巡査は、必死で職務質問してきます。

ちなみに、警部補からは警視は階級章の下部が金色、警視正から警視監は全面的に金色になります。巡査から巡査部長は銀一色で、左右のバーだけが金色です。バーが1本だと巡査、2本は巡査長、3本は巡査部長となります。

もし職務質問をする2人が同じ階級の場合、指導係の巡査や先輩である「先任(せんにん)」の警察官が上官になり、現場の権限を持つことになります。

なお、巡査長は勤続10年で自動的に昇任するのが通常です。巡査部長に昇任できなかった、30歳を過ぎた巡査長には慎重に対応した方がよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事