ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

二日酔いも「酒気帯び運転」で取締られるのか?

前の晩についつい飲みすぎたせいで、朝起きたら二日酔い。しかし、どうしても自動車を運転する必要がある…という場面に遭遇した人は少なくないはず。当然ですが、こうした場合も酒気帯び運転の取り締まり対象になります。どんな場合に取り締まられるのか、その基準とあわせて見ていきます。


二日酔いも「酒気帯び運転」で取締られるのか?

年々基準が厳しくなる酒気帯び運転

飲酒運転に関する罰則のひとつ「酒気帯び運転」は年々基準が厳しくなり、現在は呼気1リットル中に0.15mlのアルコールが含まれると違反になります。違反の点数は0.15~0.24mlが13点で、0.25ml以上が23点。13点なら前歴なしでも免許停止、23点なら前歴なしでも免許取消になります。

この酒気帯び運転の基準は、体重60kgの人の場合、アルコール濃度5%のビールであれば300ml、12%のワインであれば120mlをそれぞれ飲むと達してしまう数値。60kgより体重が軽い場合、体内の血液量が少なくなる分、より少ない量で基準値以上になってしまいます。

しかし、これはあくまでも取り締まりの基準値で、実際にはより少ない飲酒量から運転への影響自体は出始めます。このため、ビール・焼酎をはじめとするアルコール飲料は「飲んだら乗るな」が鉄則です。

二日酔い関係なく酒気帯びの可能性

「アルコールを一滴でも飲んだら運転してはダメ」というのは、やや大げさに聞こえるかもしれませんが、体内に吸収されたアルコール(エタノール)は、時間が経つにつれて分解、排出されるもの。分解速度は差がありますが、500mlの缶ビール1本あたりの分解・排出は、飲み始めから4時間が目安と言われています。

つまり、18時から深夜にかけて500ml缶ビールを5本飲んだ場合、20時間後の翌14時まではアルコールが残る計算です。この状態で翌朝7時からの通勤で自動車を運転すると酒気帯び運転の可能性が高く、二日酔いのあるなしに関係なく取り締まられます。

また、飲酒運転の罰則には「酒酔い運転」もあります。こちらは、まっすぐに歩けない、警察官との受け答えがうまくできないなど、明らかに泥酔状態と警察官が判断した場合に適用。違反の点数は酒気帯び運転より重い35点です。

アルコール検知器の測定値で取り締まる酒気帯び運転と違い、酒酔い運転はその人の状態で判断されるもの。たとえビールをコップ半分飲んだだけでも、アルコールに弱く泥酔状態になってしまえば適用されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事