ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

科警研(科学警察研究所)と科捜研の違いとは?

基本的に犯罪現場で採取された遺留品を分析するのは鑑識課ですが、すべてが鑑定されるわけではありません。より正確な分析が必要となった時に送られるのが科学捜査の研究や鑑定を行う機関「科学捜査研究所」(科捜研)です。警察のもうひとつの組織「科学警察研究所」(科警研)と科捜研の違いを見ていきましょう。


警察の「科捜研」と「科警研」はどっちが偉い?

科警研と科捜研の違いは指導する役割

「科警研」は、国家試験をパスしたいわゆるキャリア組が所属する警察庁管轄の科学捜査研究所です。科警研は科学捜査技術を各県警の科捜研に指導するのが役割。ここが科警研と科捜研の違いです。

「科捜研」は、主に各都道府県警察刑事部に設置され「法医・化学・物理・文書・心理学」という、5つの部門に分けられています。科捜研の研究員の多くは警察官ではなく技術職員という立場で、捜査権も逮捕権も持っていません。

科捜研の5つの分野の中で「法医」は、犯罪現場に残された血液・唾液・精液・毛髪などの血液型やDNA型検査などが担当です。最近では特に科捜研のDNA型鑑定技術の進歩は目覚ましく、今やその精度は約5兆人に1人の正確さで個人を特定できるほどです。

科捜研の「化学」は、覚せい剤や大麻などの薬物や有毒ガスの鑑定がメイン。また、微量な繊維や油類などの分析も行います。科捜研の「物理」は画像や音声検査、発砲事件で使われた銃器類の鑑定が主。最近では急増するサイバー犯罪における、コンピュータ解析も科捜研は行っています。

科警研は科捜研と違い多岐に渡って担当

科捜研の「文書」部門は、筆跡鑑定や不明文字の鑑定・判読。さらには、偽造パスポートや紙幣などの鑑定も科捜研は担当します。科捜研の「心理学」は、ポリグラフ(ウソ発見器)検査による犯人像の推定、いわゆる「プロファイリング」を行っています。事故に関する記憶の検査も科捜研のここの業務です。

これらの科捜研では扱えない大規模な分析が必要な場合は「科警研」が担当することになります。科警研は警察庁刑事局の所属で、業務内容は科捜研と違いより多岐に渡っていて、裁判所や検察庁から依頼を受けたものの鑑定、鑑定技術職員の指導・研修、研究開発も行っています。

■「科捜研」おすすめ記事
鑑識の仕事!立場は捜査一課の刑事と同じだった
科学捜査研究所の研究員にはどんな階級がある?
科学捜査研究所と科学警察研究所の違いとは?
警察の「科捜研」と「科警研」はどっちが偉い?

■「警察キャリア」おすすめ記事
キャリア警察官とノンキャリアの収入面の差は?
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ

■「警察官」おすすめ記事
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
警察官の給料は特殊手当で公務員よりちょっと上
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
警察官の拳銃は5連発の「SAKURA」が現行モデル

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事