ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

殺人事件が捜査一課なら二課と三課は何を担当?

警察ドラマでおなじみの「捜査一課」は、刑事部に属する部署。刑事部とはその名の通り刑事事件を扱っていて、刑事と呼ばれる職員が所属しています。このうち、殺人や強盗といった事件を扱うの捜査一課の仕事です。捜査一課というからには二課や三課も存在。捜査二課や捜査三課は何を担当する部署なのでしょう。


殺人事件なら捜査一課で二課と三課は何をする?

捜査二課は緻密な捜査が求められる

各警察本部の刑事部には、捜査一課のほかに「二課」と「三課」、そして「四課」があります。捜査一課が殺人や強盗といった強行犯を扱うのに対して、捜査二課は知能犯、捜査三課は盗犯、捜査四課は暴力団等の取り締まりが担当です。

捜査二課が扱う知能犯とは、詐欺や通貨偽造、贈収賄といった金銭・経済・企業犯罪のこと。選挙違反も二課の担当になります。振り込め詐欺などの特殊詐欺を担当しているのも捜査二課です。

知能犯と他の刑事犯との大きな違いは、綿密な計画に基づいて実行される点。その犯罪計画の中には、犯行が発覚した時の対処法も盛り込まれているケースが多く見られます。だからこそ、捜査二課の刑事には緻密な捜査が求められるのです。

捜査三課が扱う盗犯とは窃盗を指し、空き巣や引ったくりから万引き、自転車泥棒まで、対象は多岐にわたります。盗犯は知能犯と違って同じような手口で行われる可能性が高く、家宅侵入や窃盗の手口を捜査する「手口係」といった部署があるほど。また、捜査三課は、取り扱う犯罪件数が多いことも特徴です。

捜査三課は所轄との連携を密にする

あまり小さな事件なら交番や所轄で対処して、捜査三課は本格的な捜査は行いません。とはいえ、自転車泥棒や万引き犯が実は大きな事件に関わっていたケースもあります。それを見逃さないためにも、捜査三課は本部と所轄の連携を密にしなければなりません。

捜査四課は広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う部署。いわゆる「マル暴」です。警視庁では刑事部捜査四課から独立して、組織犯罪対策部四課となっています。

ちなみに組織犯罪対策部は「一課」が主に不法滞在や不法就労などの来日外国人犯罪組織を捜査、「二課」は来日外国人による殺人・強盗などの重要犯罪を取り扱い、「三課」は暴力団に対する規制や追放などの排除を担当します。

そして、「四課」が暴力団壊滅を目的とした取り締まりを行い、「五課」は銃器薬物対策が担当です。これに加え「犯罪対策特別捜査隊」が偽造パスポートなどの調査を行っています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事