ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

入れ歯安定剤で「酒気帯び運転」になる危険アリ

2018年9月、酒気帯び運転の取り締まり時に、入れ歯安定剤のアルコール成分が検知された可能性を認める逆転判決が報じられました。そこで、実際に入れ歯安定剤を口腔内に塗布して、アルコール成分がどれくらい検出されるのかをテスト。入れ歯安定剤で酒気帯び運転になる危険性を検証してみました。


入れ歯安定剤で酒気帯び運転になる危険性を検証

酒気帯び運転は0.15~0.25mg/lで13点

「入れ歯安定剤」の多くは、アルコール成分(酢酸ビニルとエタノール)が含有されており、パッケージなどに「アルコールによる過敏症状を起こしたことがある人」は注意するよう記載されています。

この入れ歯安定剤に含まれるアルコール成分が検知される可能性があるとして、酒気帯び運転の取り締まりによる運転免許取り消し処分が撤回されたのです。

そこで、実際に入れ歯安定剤に酒気帯び運転になる危険性があるかを検証するために、適量を口腔内に塗布して、時間の経過ごとに数値の変化をチェックしてみました。ちなみに、酒気帯び運転のアルコール量の数値は0.25mg/l以上で違反点数が25点、0.15~0.25mg/lで違反点数13点です。

なお、検証は入れ歯安定剤を口腔内の上あごに貼り付けて測定。入れ歯装着時とは数値が異なる場合があります。また、誤飲の恐れがあるので、絶対にマネをしないでください。

アルコール成分で酒気帯び運転の危険

まずはシオノギヘルスケアの「クッションコレクトEZ」(343円・10g)で実験。用法には、パチンコ玉サイズが標準とあったので、0.8gを口腔内に塗布。この時点ですでにアルコール量の数値は0.98mg/lです。そして、60分経過後も0.23mg/lと酒気帯び運転以上のアルコール値を維持していました。

次にライオンの「新ライオデント」(835円・40g)です。2~3cmが適量と記されていたので、3cm(2.5g)を使用。量が多いためか、数値の低下は遅く、60分経過後も0.35mg/lと最も高い数値をマークしました。

最後の小林製薬の「タフグリップ」(442円・20g)は、適量の3cm(0.8g)を塗布。60分後には、0.18mg/lにまで急激に低下。今回の検証では最低値ですが、酒気帯び運転の範囲0.15mg/lを下回ってはいません。このように、入れ歯安定剤のアルコール成分で酒気帯び運転となる危険性があることがわかりました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事