ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ながらスマホ「携帯電話使用等違反」の範囲は?

スピード違反の取り締まり件数が大幅に減るなか、取り締まり件数で割合を増やしているのが、スマホや携帯電話に関する「携帯電話使用等違反」です。この違反、スマホを運転中に使ったら即違反と思われがちですが、スマホの操作方法によっては違反とならないケースもあります。携帯電話使用等違反について、詳しく見ていきましょう。


ながらスマホ「携帯電話使用等違反」の範囲は?

ながらスマホの交通違反は2種類ある

運転中の「ながらスマホ」による交通事故が増加しています。それに伴い、ながらスマホの取り締まりが増加中です。運転中のながらスマホに該当するのは「携帯電話使用等違反」で、大きく分けて2種類あります。

1つは、通信機器本体を握り使用するケースで、スマホ・携帯電話に限らず、本体を握って使うトランシーバーも使うと違反になります。逆に、通信機器の本体が別な場所に固定され、マイクを操作するだけで使える場合は違反になりません。

トラックやバスが業務で使う無線機はこちらの扱い。モービルタイプのアマチュア無線機も同様です。スマホの場合、ハンズフリーキットに接続したうえで、ハンドルを手放すことなく通話ができる設定にすれば問題ありません。スマホ本体に触ることなく音声による操作だけなら大丈夫です。

そして、携帯電話使用等違反のもう1つのケースは、運転中に車載機器の画面を注視するケース。こちらは通信できるかどうかに関係なく違反になるため、スマホでなくても、カーナビやレーダー探知機、テレビも対象です。

ながらスマホの違反点数と反則金は?

どのくらい画面を見続けると「注視」となるかを警察がはっきり公開していないため、取り締まる警察官の判断次第となる部分も残ります。ただし、警察庁のWebサイトでは、2秒以上画面を見続けると危険という説を紹介しているようです。

携帯電話使用等違反の反則金と違反点数には、その重さで2種類あります。重い方の「交通の危険」は、ながらスマホが危険運転につながった場合で、ほとんどは交通事故が起きてしまった場合に適用されるもの。違反の点数は6点で、非反則行為としてすべて罰則の対象です。

一方、軽い方の「保持」はながらスマホが危険かどうかに関係なく違反となり、違反の点数は3点、反則金は普通車の場合18,000円です。交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事