ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

配属希望者が殺到するのは捜査一課でなくどこ?

「警務部」とは、都道府県警察本部で総務や福利厚生を担当する部署。事務を担当する管理部門で内勤部署ということもあり、現場志向の強い警察官には敬遠されそうなイメージがあります。しかし、実はノンキャリア、キャリアにかかわらず、配属希望者が殺到する人気部署なのでした。その理由を見ていきましょう。


配属希望者が殺到するのは捜査一課でなくどこ?

ノンキャリア警察官は巡査から開始

警察官には階級以外にも「キャリア」と「ノンキャリア」と呼ばれる区分が存在するのはご存じの通り。キャリアとは国家公務員総合職試験(旧国家公務員Ⅰ種試験)に合格した警察官を指し、身分は国家公務員です。

同じ国家公務員試験でも、一般職試験(旧国家公務員Ⅱ種試験)合格者は「準キャリア」と呼ばれ、これら以外の地方公務員採用者が、いわゆるノンキャリア警察官です。

キャリアとノンキャリアの大きな違いは昇任のスピード。キャリアは初任から警部補となるほか、準キャリアも巡査部長からのスタート。一方、ノンキャリアは巡査から階級を上げていくことになります。

そして、ノンキャリア警察官が階級を上げるには、年に1回の昇任試験に合格しなければなりません。2~3年間まじめに勤務を続ければ巡査長に昇格しますが、巡査部長の昇任試験の受験資格は3~6年の勤務実績が必要です。

ノンキャリア警察官の出世の大きな壁

続く警部補も、巡査部長として1~3年以上の実績を積んだうえで昇任試験の合格が必要。さらに警部なら、警部補として4年以上の実績を積んだうえでの昇任試験です。つまり、ノンキャリア警察官の出世には、常に昇任試験が大きな壁として存在し続けるわけです。

しかし、昇任試験の勉強は勤務の合間にするしかなく、多忙な部署にいては勉強もままなりません。その点、警務部はほぼ定時で勤務が終了し、休日出勤もまれなので、試験勉強に費やす時間も確保できます。

さらに、警務部に配属されるのは優秀とみなされる警察官が多く、人脈作りにも有利というわけ。そんな警務部の中でも、特に出世コースといわれているのが人事課。人事は組織にとって重要な役割を果たすため、警察でも警察庁から派遣されたキャリアが務めることが多いのです。

実際、警視庁において課長職は通常、警視か警視正が就くのに対し、警務部の人事課だけは警視長が任命されます。キャリアの立場でも、警務部の人事課に派遣された警察官は警察庁に戻っても出世コースを歩むことが約束されているのでした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事