ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「MSSS」は複数車線を同時追跡する新型オービス

警察庁では、2016年度から全国各地の都道府県警に設置が容易で可搬性もある「新たな自動速度違反取締装置」の導入を進めていて、これらは「新型オービス」と呼ばれています。新型オービスはレーザー式とレーダー式に分けられますが、レーダー式で複数車両を同時に追跡が可能とされる「MSSS」の測定性能が判明しました。


「MSSS」は複数車線を同時追跡する新型オービス

MSSSは本体手前にフラッシュライト

センシス・ガッツオ・グループ(センシス)は、スウェーデンに本社があり、レーダー式による高性能な自動速度取締装置を世界各地に納入しています。このうち、「MSSS」は「モービル・スピード・セイフティ・システム」の略で、その名の通り可搬式の新型オービスです。

MSSSは可搬式とするために、カメラやセンサーなどを搭載する本体部と、フラッシュライト、バッテリーがそれぞれ別ユニットという構成。本体部にはカメラとレーダーが装備されており、複数車線を追跡可能です。バッテリーは8時間ほどの充電で1000件の取り締まりが可能で、測定データは4万件も入ります。

MSSSは、2016年度の新型オービス本格運用にさきがけ埼玉県警で試験運用を開始。埼玉県内では、当時から夜間の取り締まりが目撃されています。パトカーに搭載される従来型のレーダー式取締装置と異なり、MSSSを設置する際は、本体部の前方にフラッシュライトが置かれることが特徴です。

MSSSは白色ストロボ光でカラー撮影

MSSSの日本国内代理店である沖電気が作成した資料によると、MSSSが使用するレーダー波は24GHz帯で、「レーダー照射角度(29度)よりカメラ画角(18.5度)が狭いため、取締り車線がすべてカメラで撮影できていれば速度計測が可能」と記載。複数車線の取り締まりが可能です。

また、「MSSS」のフラッシュは、従来のオービスのような赤外線ストロボではなく、白色のストロボ光であることも明らかになっています。白色のストロボ光を使用する理由は、ドライバーの写真をカラー撮影するためです。

さらに、センシスがWebサイトで公開している動画によれば、MSSSは3車線を走る自動車を複数台同時に計測することも可能とのこと。走行車両それぞれについて、本体を設置した150m手前から1秒間に21回レーダーでスピードを計測。本体の50m手前に置かれた撮影ポイントでは、速度違反車両のみを撮影する仕組みです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。