ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の「Nシステム」の全端末を網羅したマップ

「Nシステムマップ」は、全国のNシステム端末の設置箇所情報を調査しているn-systemが、その情報をGoogleマップにマッピングしたものです。スマホやタブレットでデータを利用すれば、Nシステムを回避したルートでの移動が可能となるのです。2種類用意されているNシステムマップの使い方を見ていきましょう。


警察の「Nシステム」の全端末を網羅したマップ

Nシステムマップは世代別に色分け

“n-system”では、調査・分析用に2種類のNシステムマップを作成しています。「全国Nシステムマップ」は警察庁仕様Nシステム端末を設置時期(世代別)で分類。もう1つの「全国簡易型Nシステムマップ」は、2000年代初頭から都道府県別に展開する簡易型Nシステムを見やすくした構成です。

両マップとも同じ数のNシステムをマッピングしているので、設置場所の確認ならどちらを利用しても構いません。ナンバー読取装置としてはNシステムのほかに、都道府県警が設置する「AVI(旅行時間計測端末)」や国土交通省が設置する過積載取締機がありますが、両マップとも表示可能です。

「全国Nシステムマップ」は警察庁(国)が設置した端末を、世代別に分類し色分けして、設置時期に焦点を当てています。例えば、「黒い■(第1世代)」とは、「昭和61(1986)年から平成5(1993)年までの(当初)予算」で設置された端末を表しています。

2009年の補正予算で設置された端末638式は、青いアイコンで表現された箇所。都道府県が設置した簡易型は統一アイコン(えんじ色の◆)で表示しています。

簡易型Nシステムマップに警察庁端末

「全国簡易型Nシステムマップ」は、簡易型Nシステムの端末をメーカーを特定した上でアルファベットを設定。古いものから数字を振っていって端末の呼称として設定し、それぞれ独自の色を割り当ててあります。

例えば、メーカーP(パナソニックモバイルコミュニケーションズ)の現行機種は「P5」というように、数字が大きいほど新しい機種を意味します。調査従事者はこのマップを見ながら補充調査をしたり、マップをメンテナンスするわけです。

なお、下のレイヤーにある警察庁Nシステム端末は、財源別の分類。国費で設置された端末は青(濃)の■、当初半額は補助金が降りて都道府県が設置した、警察庁仕様に準ずる端末が青(淡)の■で表現してあります。

国費で設置された端末は、耐用年限が到来すると国費で新しいものに更新されますが、都道府県が設置したものは都道府県費で更新するので簡易型で更新される場合がほとんど。それら更新後の状態についても情報が記載してあります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事