ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「マルタイ」とは警察用語でどんな人のこと?

警察用語はもともと、傍受可能だった警察無線で捜査情報などが外部に漏れないように、意味を分かりにくくする必要から生まれた隠語です。警察の仲間意識を高めるために使われたりもします。例えば、ドラマや映画でよく耳にする「マルタイ」とは警察用語ではどんな人を指すのでしょう。


「マルタイ」とは警察用語でどんな人のこと?

警察用語で「マルタイ」は捜査対象

刑事ドラマでは出てくるものの、実際には使われていない警察用語の代表格が「ガイシャ」です。被害者は「マルガイ」で、「マルヒ」が被疑者、「マルモク」が目撃者、「マルタイ」は捜査対象です。

このほか「マルB」や「マルG」が暴力団関係者、「マル走」は暴走族のこと、「マルセイ」は精神異常者のことを意味します。「コメヘン」と呼ぶこともあります。このように、マルが付く隠語はもともとは警察無線から派生した警察用語です。

使うニュアンスで読み方を使い分ける警察用語が「現場」。いわゆる現在進行形、つまり事件が起きたばっかりだったり、捜査中の現場は「ゲンジョウ」と発音します。

警察用語で「ゲンチャク」は現場到着

しかし、解決して過去のものとなった事件の現場ならゲンジョウではなく「ゲンバ」と呼ぶわけです。現場関連の警察用語でいうと「ゲンチャク」は現場到着の意味。「ゲンニン」は、現場で現状確認することです。

また「ゲンタイ」は現行犯逮捕、「キンタイ」は緊急逮捕、「ニンチャク」なら犯人の人相や着衣のこと、「ニンドウ」は任意同行です。「ニンジン」は誘導停止等のことを意味します。

警察本部関連の隠語では「チョウバ(帳場)」は捜査本部のこと。「帳場が立つ」とは捜査本部が開設されるという意味になります。「オモヤ(母屋)」は都道府県警本部のことです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事