ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの位置情報を偽装して現在地を好きに設定

スマホの特徴の1つがGPSの位置情報を利用できること。位置情報に連動したアプリやゲームがたくさん登場。もちろん、それらのサービスはスマホを持った本人がその場にいることが大前提となっています。そこで、スマホの位置情報を偽装して現在地を好きに設定する方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
スマホの位置情報を偽装して現在地を好きに設定

スマホの位置情報を偽装して閲覧

GPSの位置情報を利用したサービスが多いこともあって、スマホの位置情報の偽装は昔から研究されてきたこと。とはいえ、かつてはroot化が必須だったりとかなり手間がかかるものでした。

Android用アプリ「GPS JoyStick FakeGPS Location」は、スマホやタブレットに導入するだけで自由に現在地を設定できるもの。GPSの位置情報を利用したアプリなどで有効です。Google Playで無料で入手できます。

スマホの位置情報を偽装できれば、例えば日本からのアクセスを制限している動画サイトを現地の位置情報に偽装して閲覧できるということ。ラジオアプリで目的の地域の位置情報に偽装して番組を聞いたりすることもできます。

位置情報の偽装は地図アプリで選択

GPSの位置情報を偽装するアプリを導入するには、Androidの「設定」→「開発者向けオプション」へ。「デバッグ」項目の「仮の現在情報アプリを選択」をタップし、「GPS JoyStick」を選択します。

続いてアプリを起動して「場所を設定」をタップ。続いて「地図を開くにはここをクリック」をタップし、地図アプリを開きます。あとは地図アプリから場所を設定し、「この場所を選択」をタップするだけです。

スマホの位置情報の偽装はこれで完了。現在地を自分の好きな場所に設定することができます。位置情報を利用したアプリやゲームなど、さまざまな場面で活用できるでしょう。

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事