ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Googleの隠し機能でブラウジングが快適になる

標準では無効になっている実験機能を有効化するGoogleの隠し機能があります。Googleの隠し機能が試せるのは、Googleが提供しているChromeブラウザです。Googleの隠し機能は今後、正式に実装される予定のもの。実験機能を先取りすればブラウジングが快適になります。


スポンサーリンク
Googleの隠し機能でブラウジングが快適になる

Google隠し機能を有効にする方法

「Chrome」はGoogleが提供しているブラウザ。PC版のみならずスマホ版も用意されているため、PC版とブックマーク、履歴、パスワードなどを同期できるのが魅力です。

そして、この同期以外にも多くの隠し機能が密かに実装されています。隠し機能の多くは今後正式に実装予定のもの。正常に動作しないこともありますが、先取りできるのはうれしいところです。

Googleの隠し機能を有効にする方法は、ChromeのURLバーに「chrome:flags」と入力。隠し機能の管理画面にアクセスすればOKです。

Googleの隠し機能のリセット方法

今回は「ソフトウェアレンダリングリストをオーバーライド」と、「検索結果を先読みする」の2つの隠し機能を有効にして「今すぐ再起動」をタップ。これでGoogleの隠し機能が有効になるのです。

なお、管理画面の項目は使用しているChromeのバージョンによって異なります。また、Googleの隠し機能を有効にすることでスマホが不調になったら、設定をリセットしましょう。

Googleの隠し機能のリセット方法は「chrome:flags」を開いて「すべてデフォルトに戻す」で設定を初期化できます。


スポンサーリンク

Googleの隠し機能にエイリアス

このほか、Googleの隠し機能にGmailの「エイリアス」機能があります。利用するのに登録が必須のサイトで、自分がふだん使っているメールアドレスを入力するのは気が引けるもの。そんなときに使えるのがこの隠し機能です。

じつは、Gmailアドレスは「@」以前の文字列の後ろに「+」(プラス記号)で任意の文字列を加えたり、「.」(ドット)を加えるだけで、違うメールアドレスとして利用できるのです。

現在使用しているGmailアドレスの「@」以前の文字列の後ろに「+任意の文字列」を追加すると別メールアドレスとして使用可能。ただし、最近ではこの形式では登録利用できないサービスも登場しています。

 Googleの隠し機能にエイリアス

## Googleの隠し機能を設定する方法

また、Gmailアドレスの後ろに「@」以前の文字列の任意の位置に「.」を追加することで別メールアドレスとして使う隠し機能もあります。ただし、@の直前に「.」を追加することはできません。

Googleの隠し機能でGmailをエイリアスで送受信できるようにするには、右上のメニューから設定を選択。「アカウントとインポート」タブを開いて、「他のメールアドレスを追加」をクリックします。

別ウィンドウが開くので、そこに送信者名と追加したいエイリアス形式のメールアドレスを入力。「エイリアスとして扱います」にチェックを入れて「次のステップ」をクリックして追加します。これでGoogleの隠し機能が設定できるのです。

■「Google隠し機能」おすすめ記事
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
Googleの裏技!検索演算子の応用テクニック
グーグル検索テクニックでネットを便利に活用

■「隠し機能」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?
ウォシュレットの賢い使い方!管理者設定モード
Nexus7の使い方が10倍便利になる裏ワザとは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事