ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

格安SIMに組み合わせたい「格安スマホ」を比較

格安SIMの普及によって、スマホの通信料はグンと節約できるようになりました。とはいえ料金を安くするポイントは毎月支払うことになる端末代。そこで注目されているのが1万円以下で一括購入できる「格安スマホ」です。格安SIMに組み合わせたい「格安スマホ」の実力をチェックしてみました。


スポンサーリンク
格安SIMに組み合わせたい「格安スマホ」を比較

1万円以下の格安スマホを比較した

格安SIMの需要が増えたことに呼応して、急速に格安スマホも脚光を浴びています。毎月端末代が引かれる契約のものだと、端末代が結局総額で4万~5万円と安くありません。Amazonには1万円以下で一括購入できるものがたくさんあり、格安スマホがより身近なツールになっています。

格安スマホはコスパ的には文句なしではあるものの、ほとんどが中国などの海外製。なんとなく性能に不安があるのも事実でしょう。「回線が全くつながらない」「処理速度が異様に遅くてイラつく」などだと、いくら安くても使い物になりません。

そこで、Amazonで販売されている格安スマホの実力をチェックしてみましょう。比較した格安スマホは、実勢価格が7,399円というDOOGEEの「X20」と、実勢価格が8,800円というピーアップの「Mode1 RS」です。

格安スマホでau回線も使用できる

格安スマホ2機種は、CPUやバッテリーのスペックは大差ありませんが、決定的なのはRAMとストレージ。X20は全体的に数世代前の設計に最新のOSを無理やり入れて起動しているカタチになっており、全体的にもっさりしています。GoogleMapでは進行方向が表示されずやや不正確。バッテリーの持ちもMode1RSに分がありました。

Mode1RSはキャリアスマホ並みにRAMとストレージを搭載。CPU性能がやや劣るものの、総合バランスは悪くなく、筐体が少し重く感じる程度です。

X20には無いジャイロセンサーなども搭載し、GoogleMapの現在地も誤差が少ない印象。最大の特長は、通信バンド26に対応すること。格安スマホではほとんど対応のない、au回線も使用できます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事