ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの停電対策「機内モード」で電池切れ防止

残念なことですが、2018年は全国各地で停電が大きな話題となった年でした。停電で困ることのひとつが、スマホが充電できなくなってしまうこと。そこで、停電が起きたら電池切れをなるべく防ぐ対策が必要です。ここでは、よく知られている省電力モード以外のさまざまなテクニックを紹介します。


スマホの停電対策「機内モード」で電池切れ防止

スマホの停電対策に機内モード

スマホに関連して停電時にまずチェックしたいのは、電話がつながるかどうかです。電話がつながらないようであれば、携帯電話の基地局も停電で機能していないので、スマホの電源を切って基地局の復旧を待ちます。

一方、電話が使えるようであれば、携帯電話の回線でネットに接続することができます。この際、電池を節約するために大切なのが、携帯電話の待ち受け時間を減らすこと。そこで活用したいのが「機内モード」です。

実は、スマホで電力消費が大きい部分のひとつが基地局との通信です。機内モードはこの通信を全部カットする機能で、ネットを使わない時間こまめに機内モードへ切り替えることにより、電池の減りを大幅に減らせます。

スマホの電源ON/OFFを避ける停電対策

また、電池の節約に有効なのが画面表示時間を減らすことです。通信と並びスマホの電力消費で大きいのが画面表示。バックライトが光る液晶はもちろんのこと、低電力といわれる有機ELでもそれなりの電力が必要です。

そこで、スマホを使わないときに画面表示をOFFにするだけで、電池の持ち時間は大幅にアップします。なお、省電力モードを使うと、自動で表示OFFになるまでの時間が短くなるので、切り忘れに備えてこちらも設定しておきたいところです。

もう一つ電池節約で大事なことは「電源のON/OFFはなるべくしない」ことです。というのも、電源ON時のスマホはフルパワーで動くため、一番電力消費が大きいのです。機内モードや画面表示OFFを活用し、電源は極力切らないようにしましょう。


スマホ停電対策に乾電池対応の充電器

いくら節電対策をとったとしても、数日間停電が続けばスマホの電池は空になります。そこで、非常時に備えて用意しておきたいのが、アルカリ乾電池を使ってスマホを充電する手段です。

アルカリ乾電池対応の充電器は、大手電気店やコンビニなどで1,000~2,000円で販売されています。単三形電池4本を使う製品が主流のようで、充電時に流れる電流量からすると1000mAh程度は充電できそうです。

ただし、乾電池式充電器を使うときは注意が必要です。それは「新品かつ買ってから時間が経っていない電池を使う」こと。使いかけや古い電池の場合、一番負荷がかかる充電開始時に電圧が下がり、いきなり充電がストップしてしまうからです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事