ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneとAndroidで違う電波強度の隠しコマンド

隠しコマンドで起動するiPhoneのフィールドテストモードは、電波強度を数値化できることで有名。しかし、iOS11以降ではフィールドモードには入れるものの、電波の数値化には対応しなくなっています。そんな電波強度の隠しコマンドが、iPhoneとAndroidそれぞれに用意されているのでした。


iPhoneとAndroidで違う電波強度の隠しコマンド

電波強度がわかるiPhone隠しコマンド

電波強度チェックのためのiPhone隠しコマンドは、まず標準の電話アプリを起動します。キーパッドにして「*3001#12345#*」を入力したら、発信ボタンをプッシュ。これで「Field Test」と表示された画面に切り替わります。

ここでメニューから「Serving Cell Measurements」をタップ。これで表示される項目のうち「Average RSRP」に電波強度が表示されるのです。なお、iOS10まではテストモードに入ると電波強度のバーが数値化され、より具体的に知ることができました。しかし、iOS11からは電波の数値化には対応しなくなっています。

このほか、メニューから「Serving Cell Info」を選択すると。「Freq Band Indicator」で、今つかんでいる電波の種類が分かります。「41」はauもしくはソフトバンクのLTEバンドであることを示しているのです。

Androidで電波強度の隠しコマンド

海外で現地のSIMカードを使う時は、その国のバンドに合わせる必要があります。通常は自動でセットされますが、相性によりうまくいかないことも…。そんな時にAndroidの隠しコマンドを入力すると、ネットワークを手動で変更できます。

Androidの隠しコマンドも、電話アプリを利用します。立ち上げたら「*#*#4636#*#*」を入力。これでテストモードに入ります。画面には「テスト中」という表示とともに、メニューがいくつか表示されているはず。端末によって表示されるメニューに違いがあるようです。

「使用統計情報」や「Wi-Fi information」などで使用時間やログが確認できます。
ここで「携帯電話情報」→「優先ネットワーク」を選択。通常はオートになっていますが、3GのみやLTEのみに変更できます。

海外のほか、LTEが不安定な地域などでも便利。3Gを優先ネットワークに設定すればバッテリーの消耗を防げます。同じ画面内で「電波強度」の数字を確認することも可能です。

■「隠しコマンド」おすすめ記事
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
ウォシュレットの賢い使い方!管理者設定モード
各メーカーのエアコンの便利な隠しコマンド集
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
走行中でもテレビ!カーナビの操作制限の解除
Facebookで「非公開」の写真を見る方法とは?
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事