ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの「隠しコマンド」でテストモードを表示

メーカーのサービスマンが修理などに利用する、特殊なメニューがさまざまな電子機器に搭載されています。もちろん、スマホも例外ではありません。とくにAndroidには、端末の状態をチェックできる「サービスモード」が各メーカーに存在。スマホでサービスモードを表示するための隠しコマンドを見ていきましょう。


スマホの「隠しコマンド」でテストモードを表示

Galaxyの隠しコマンドは電話アプリ

サムスン電子の「Galaxy」の隠しコマンドは、Androidの電話アプリではなく、Galaxyの電話アプリを起動します。ここで「*#0*#」と入力すると、テストモードになるのです。

テストモードでは、タッチ切れや各種センサーの状態など、20項目以上テストできます。このほか「*#0011#」と入力して発信すると、回線状態を確認できます。

ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」の隠しコマンドは、電話アプリを起動して「*#*#7378423#*#*」と入力。続いて発信ボタンをプッシュします。これで「Service」モードになるのです。

「Service info」から、IMEIや対応するバンドなどをチェックできます。このほか「*#06#」を入力するとIMEIを表示、「*#*#7465625#*#*」を入力するとSIMロックの確認が可能です。

Android端末に共通の隠しコマンド

ASUSの「ZenFone」の隠しコマンドは、電卓アプリを起動して「.12345+=」と入力します。すると「Single Test」に入るのです。CPU使用率や加速度センサーなど、27項目をチェック可能です。

ファーウェイの「P20Lite」などの隠しコマンドは、電話アプリを起動して「*#*#2846579#*#*」と入力して発信。「ProjectMenu」が表示されてサービスモードとなって、バッテリーの残量・温度を確認したり、初期化などができます。

このほか、Android端末に共通の「ファクトリーリセット」する隠しコマンドもあります。Android端末の電源をオフにしたら電源ボタンと音量下ボタンを長押し。「リカバリーモード」から「ファクトリーリセット」が可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事