ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Android隠しコマンドで電波強度測定フィールドテストモード

iPhoneの隠しコマンドで起動するフィールドテストモードは、電波強度を数値表示にできることで知られていました。一方で、Androidの隠しコマンドでも同じような電波強度がわかるフィールドテストのようなモードが存在。Androidスマホに搭載されている電波強度を測定する隠しコマンドを見ていきましょう。Android隠しコマンドの電波強度測定はiPhoneとどう違うのでしょうか?


iPhoneとAndroidの電波強度を見る隠しコマンド

フィールドテストモードの隠しコマンド

iPhoneのフィールドテストモードの隠しコマンドの入力は、標準の電話アプリから行います。iPhoneの隠しコマンドは表示をキーパッドにしたら「*3001#12345#*」と入力して最後に発信ボタンをプッシュ。これでiPhoneが「Field Test」と表示されたらフィールドテストモードに入ります。

フィールドテストモードに表示されたメニューから「Serving Cell Info」を選択すると「Freq Band Indicator」で、今つかんでいる電波の種類を知ることが可能。「3」ならドコモ、「41」ならソフトバンクもしくはauのLTEバンド…といった具合です。

なお、iOS10まではフィールドテストモードに入ると、画面の上にある電波強度が数値化され、電波強度測定を数字でより詳しく知ることができました。しかし、iOS11からはiPhoneの電波強度の数字表示には対応しなくなったようです。

Androidの隠しコマンドで電波強度を確認

ちなみに、iPhoneのフィールドテストモードで表示されていた従来までの電波強度の測定数値を知りたい時は「Serving Cell Measurements」をタップ。フィールドテストモードの「Average RSRP」に電波強度の測定数値が表示されています。

Androidスマホでも、特定の数字と記号を打ち込む隠しコマンドで電波強度が測定できるフィールドテストのようなモードに入ることが可能。Androidの電波強度測定の隠しコマンドも、電話アプリを立ち上げて入力します。隠しコマンド「*#*#4636#*#*」と入力すればAndroidの電波強度測定のテストモードに遷移するのです。

Androidの隠しコマンドを入力した電波強度測定の画面には「テスト中」という表示とともに、メニューがいくつか表示されているはず。端末によってAndroidの隠しコマンドで表示される電波強度測定のメニューに違いがあるようです。


Androidの隠しコマンドで4G電波強度測定

Androidの隠しコマンドは「携帯電話情報」で電波強度の測定数値が確認可能。このほか、音声ネットワークの種類が「LTE」となっていれば4G接続で、その電波強度を測定数値を見ることができます。

このほかAndroidの隠しコマンドで表示される「使用統計情報」では電話サービスやアプリの使用時間などを確認可能。「Wi-Fi information」などでは、Wi-Fi接続の詳細が確認できます。

Androidの隠しコマンドは海外のほか、LTEが不安定な地域などでも便利。Androidの隠しコマンドで3Gを優先ネットワークに設定すればバッテリーの消耗を防げます。

■「隠しコマンド」おすすめ記事
iPhoneとAndroidのテストモード隠しコマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
ウォシュレットの賢い使い方!管理者設定モード
公衆トイレのウォシュレット設定モードの使い方
エアコンの故障診断モードに入るコマンドとは?
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
Googleの隠し機能でブラウジングが快適になる
トヨタ純正ナビの隠しコマンドでサービスモード
Facebookで「非公開」の写真を見る方法とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事