ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホでYouTube動画をオフライン再生する方法

テレビは見なくてもYouTubeはチェックするという人が増えています。そんなYouTubeでネックなのはデータ通信量。そこで、YouTubeを無料のWi-Fi環境でダウンロードしておいて、好きな時に好きな場所でオフライン再生するための便利なアイテムを紹介しましょう。


スマホでYouTube動画をオフライン再生する方法

YouTubeを履歴からオフライン再生

YouTube動画を、オフラインで視聴したい時に便利なのが「TubeReader」です。iPhoneのLightning端子に接続し、専用アプリ「iFiles+」を導入すると独自のYouTubeプレーヤーが起動。お気に入りの動画をTubeReaderにバックアップしておけるのです。

保存した動画は「履歴」に残り、本体をiPhoneに接続していればネットにつながっていなくてもオフライン再生できます。なお、TubeReaderに保存した動画ファイルはスマホ本体のストレージにコピーできるので、TubeReader不要で見られることもポイントでしょう(iFiles+を使用)。

YouTube以外のファイル保存にも対応しており、アカウントを紐付けておけばInstagramやFacebookといたSNSの写真や動画、さらに端末内の写真や電話番号といった個人情報もバックアップ可能。いろいろと役立ちそうです。

iPhoneでYouTubeをオフライン再生

実際にiPhoneでYouTubeをオフライン再生する手順は、端末にTubeReaderを接続して、iFiles+を起動するとYouTubeプレーヤーが立ち上がります。ここで動画を再生すると「Cache」ボタンが出現。押すと保存できます。

「履歴」で保存した動画の呼び出し、「コピー」でスマホ本体のストレージにコピーが可能。なお、MVなどの公式動画はダウンロードできませんでした。また、YouTube以外の動画サービスなども保存可能。iTunesミュージックにも対応しますが、購入した音源などは保存できません。

対応OSはiOS13/12/11/10/9、保存形式はDOC/JPG/RAW/MP3/MP4/ZIPなど。記録メディアはmicroSDカード(最大400GB)です。サイズ/重さは18W×9H×33Dmm/3.3gとなっています。実勢価格は3,680円です。

■「動画」おすすめ記事
中国No.1アクセスを誇る動画サイトの魅力とは
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法
デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較
動画配信サービスの無料トライアル期間まとめ
海外動画サイトの視聴エリア制限を突破する方法
YouTube動画をソフトを使わずにダウンロード
動画配信サービス無料期間は無限に繰り返せる?

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事