ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

あえてGPSを搭載しない「暗黒ケータイ」とは?

最近のスマホのGPSは極めて精度が上がっています。携帯電話基地局や無線LANアクセスポイント位置情報と連携することで、通信業者はやろうと思えば、リアルタイムで数m単位の誤差で正確に端末の位置情報を把握可能です。そんなGPS機能をあえて省いた「暗黒ケータイ」を詳しく見ていきましょう。


あえてGPSを搭載しない「暗黒ケータイ」とは?

暗黒ケータイは途上国向け格安モデル

スマホのGPS精度がアップするなか、精度の高いGPSによって位置情報を把握されると都合が悪いという人も世の中には存在します。そこで、彼らが利用しているのがあえてGPS機能を非搭載にした、通称「暗黒ケータイ」です。

本来は南米の途上国向けに作られた、機能を省略した格安モデルなのですが、GPS非搭載というのが今では貴重な存在となり、その筋では重宝されているのだとか。ちなみに、メーカー名も型番も記載されておらず出自は不明です。

暗黒ケータイの通話設定項目は「転送設定」「着信拒否」「番号非表示」などが簡単に設定できるような設計。通常はグループ内の連絡用(待ち受け専用)に使われると考えられます。

暗黒ケータイの充実セキュリティ機能

PINロック(2種類)・端末ロック・画面ロック・プライバシーロックなど、格安ケータイの割にセキュリティ機能が意外に充実。海外のスマホではよくある、カメラのシャッター音のオン/オフ設定も搭載されています。イヤホンアンテナでFMラジオ放送(87.5~108MHz)も受信可能です。

暗黒ケータイにはIP電話機能として、海外にかける時に使う番号があらかじめ設定されていました。17951は「中国移動」、17911なら「中国聯通」という割引電話サービス会社。おそらく端末は中国製でしょう。

暗黒ケータイの通信対応はGSM850/900/1800/1900、WCDMA859/2100MHz。SIMカードは標準サイズ、記録メディアはmicroSDカードです。解像度は1600×1200ドット(写真)、320×240(動画)。電源はリチウムイオンバッテリー(800mAh)です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事