ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホ用望遠レンズで200m先を鮮明に撮影できた

スマホのカメラは4K撮影に対応するなど、その性能は日々進化しています。そんなスマホのカメラ性能をフル活用するためのカメラ機能超強化グッズを紹介しましょう。スマホ用の望遠レンズを使えば、200m先のターゲットを鮮明に捉えることも可能。肉眼では確認できない距離からでもスマホで撮影できます。


スマホ用望遠レンズで200m先を鮮明に撮影できた

スマホ用望遠レンズに早変わりする

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などの総合光学機器メーカーであるVixen(ビクセン)の「フィールドスコープ」は、野鳥などを観察するための望遠鏡。専用の「アダプター」でスマホと接続すると、200m先まで鮮明に撮影できるスマホ用望遠レンズに早変わりします。

スマホ用望遠レンズでブレなく撮影するには三脚が必要ですが、肉眼では確認できない距離からターゲットを捕らえられるので、調査活動に役立ちそうです。フォーカス部は粗動と微動の2つのピント調整を備え、一瞬でピントを合わせられるのも魅力です。

スマホ用望遠レンズの使い方は、まずはレンズの位置を合わせて、アダプターにスマホをセット。指でフォーカスを回し、粗動と微動のピントを調整します。あとはスマホのカメラアプリで撮影するだけです。

スマホ用望遠レンズで表情も判別可能

実際にスマホ用望遠レンズで185m先に立つターゲットを撮影してみました。すると、服装はもちろん、顔の表情まで判別できる鮮明な画像。175m先にある高速道路の標識を撮影してみると、書かれている「400m」という文字もしっかり判読できました。

フィールドスコープの焦点距離は514mm、接眼レンズ倍率は27倍、最低撮影距離は10mとなっています。サイズ/重さは364W×118H×97Dmm/1,330g、実勢価格は118,800円です。

スマホをセットするアダプターの対応サイズは58~110Wmm、108~200Hmm、15Dmm以下となっています。サイズ/重さは90W×149H×56Dmm/178g。実勢価格は10,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事