ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デマに惑わされない防災アプリはやっぱりNHK

災害に対する備えは大切。そのためにも、防災アプリは必ずスマホに入れておきたいところです。災害・気象情報を正確にキャッチする時に頼りになるといえば「NHK」。防災アプリもやっぱりNHKが安心でしょう。NHKの防災アプリを安全・便利に使うコツを紹介しましょう。


スポンサーリンク
デマに惑わされない防災アプリはやっぱりNHK

防災アプリで災害情報プッシュ通知

災害時のデマは命取り。確実な情報を入手するためには信頼のおける防災アプリをインストールしておきたいところです。素早く正確な情報をつかむならやっぱりNHKが頼りになります。

そんなNHK提供の防災アプリが「NHK ニュース・防災」。App Store、Google Playで入手できる無料アプリです。津波・地震・台風・土砂災害・竜巻など、想定される主な災害に対応しているので安心でしょう。

しかも、災害情報はプッシュ通知。突然の災害にも慌てずに済みます。受信料不要のニュース映像で、災害状況も把握可能。1時間前の様子から1時間後の予想まで、雨雲や台風の動きが地図上に表示できるのも便利です。

防災アプリを安全・便利に使うコツ

NHKの防災アプリを安全・便利に使うコツとしては、プッシュ通知は必要な情報に絞ること。設定画面で通知する内容を絞り込めます。災害情報のみ受信したいなら「速報」と「INFO」はオフにしておきましょう。政治・社会ニュースが省かれます。

また、NHKの防災アプリは居住地域や職場など、事前に地域を登録しておくと便利。「災害情報」画面で、指定した地域のみの災害情報が素早く確認できます。地域は3つまで登録可能です。

なお、映像で災害情報を確認したいなら「AbemaTV」のニュース番組も役立つでしょう。24時間ぶっ通しでニュースを配信。1日2回『報道ステーション』も配信されています。(文/中谷仁)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事