ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホを家庭内ポータブルテレビにするアプリ

家のどこでもBDレコーダーの映像を見たいという人は多いはず。現在のBDレコーダーはロケフリと呼ばれる、スマホでどこでも映像を楽しめる機能を搭載しています。簡単にスマホを家庭内ポータブルテレビにすることが可能です。このほか、スマホをポータブルテレビにするさまざまな方法を紹介します。


スポンサーリンク
スマホを家庭内ポータブルテレビにするアプリ

スマホでBDレコーダーのロケフリ

最近のBDレコーダーは公式アプリでロケフリ機能をサポートしています。まずは持っているBDレコーダーの取扱説明書を読んで、DLNA機能が使えるかどうかを確認。公式アプリを導入してスマホを家庭内ポータブルテレビにしてしまいましょう。

ただし、BDレコーダーをメーカー違いで所有していると、公式アプリがそれぞれ必要になります。しかし、「Media Link Player for DTV」ならこれ1つ入れればスマホが家庭内ポータブルテレビになるのです。

「Media Link Player for DTV」を起動すると、ローカルネットワーク上のレコーダーが表示されます。これを選択して見たいチャンネルをタップ。放送中の地デジが見られます。もちろん録画番組の視聴も可能です。また、録画番組を端末にムーブして持ち出せる機能があるので、移動中の電車内など外出先でも再生できます。

定番の動画再生プレーヤーアプリである「VLC」は、ローカルネットワーク上のデバイスにアクセスして動画をダイレクトに再生可能です。このため、いちいちスマホにファイルをコピーしなくてもOK。NASに動画を保存してVLCで再生すれば、容量の少ない古いスマホ端末でも存分に見まくれます。

スマホでネットワーク上の動画再生

ネットワーク対応のHDD(NAS)を、Wi-Fiルータに接続。ローカルネットワークに導入して、PCで動画ファイルを保存しておきます。VLCを起動して、メニューの「ローカルネットワーク」を選択。NASを選んでアクセスに必要なユーザー情報を入力して「接続」をタップするのです。

つながるとNAS内のファイルが表示されます。再生したい動画を選ぶと、ネットワーク越しに動画ファイルを再生。家庭内ポータブルテレビとして、スマホで動画を鑑賞できるのです。

使用中のPCモニターが狭いなら「TwomonAir」を導入。PCとワイヤレス接続すれば、スマホをサブディスプレイ化できます。PCに接続用ソフトをインストールし、スマホ側でPCを選択するだけと、設定は簡単。仕事の効率がアップします。

PCとスマホはWi-Fiで接続。ケーブルレスなので、スマホは見やすい位置に置いておけます。今ではもう使っていない、旧型の重いタブレットをサブディスプレイとして活用するのもよいでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事