ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

明るさ調整できる懐中電灯など使える防災アプリ3選

災害時のデマは命取り。確実な情報を入手するために数ある防災アプリの中から、必須のアプリをピックアップしました。素早くかつ正確な情報をつかむためのニュースアプリ、明るさを調整できる懐中電灯アプリ、日常生活でも役立つトイレ探しアプリとその内容は多岐に渡ります。


明るさ調整できる懐中電灯など使える防災アプリ3選

防災アプリで災害情報を素早く確認

「NHK ニュース・防災」はNHK提供の防災アプリ。津波・地震・台風・土砂災害・大雨などの正確な災害情報がプッシュ通知で届き、突然の災害にも慌てずに済みます。受信料不要のニュース映像で、災害状況も把握可能です。

津波・地震・台風・土砂災害・竜巻など、想定される主な災害に対応しているので安心。1時間前の様子から1時間後の予想まで、雨雲や台風の動きが地図上に表示できるのも便利です。

地域は3か所まで指定可能。居住地域や職場など、事前に地域を登録しておきましょう。「災害情報」画面で、指定した地域のみの災害情報が素早く確認できます。

この防災アプリを安全・便利に使うコツは、プッシュ通知は必要な情報に絞ること。設定画面で通知する内容を絞り込めます。災害情報のみ受信したいなら「速報」と「INFO」はオフにしておくこと。政治・社会ニュースが省かれます。

防災アプリとしてトイレ探しアプリ

防災アプリとして入れておきたい「懐中電灯」は、スマホのLEDを点灯して懐中電灯にするアプリ。標準でもLEDのライト機能はありますが、こちらは明るさを調整したり、アルファベットをモールス信号に自動変換し、SOSなどが送れるのが特徴です。

アプリ画面はコンパス付きで夜間の移動にも便利。画面上をスワイプすることで、LEDの明るさを調整できます。なお、Android版は「もっとも明るい 懐中電灯」という名前で公開されています。

「トイレ情報共有マップくん」は、指定地域にあるトイレを探せるアプリ。和式・洋式のほか、オムツ交換所があるかなどの情報まで網羅されているので便利です。なお、トイレ情報はユーザーによって日々更新されています。検索機能を開くと、利用できる時間帯や設備からトイレを絞り込むことが可能です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事