ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレーマー対応に入れておくべき通話録音アプリ

店や企業にクレーマーの電話が入ると、後日「いった・いわない」の水掛け論になりがちです。そこでクレーマー対応には通話の録音が必須。クレーマー対応する時には、相手がいった脅迫や強要に該当するNGワードを逃さず保存しておきましょう。クレーマー対応の攻守両面で使えるアイテムを見ていきます。


クレーマー対応に入れておくべき通話録音アプリ

クレーマー対応には通話録音アプリ

Androidスマホでクレーマー対応するときは、通話録音アプリ「通話レコーダー」をインストールしておきましょう。アプリをインストールしたら、初期設定で「自動録音」にチェックしておきます。

クレーマー対応をしたら、通話後に登録された会話を選択し「保存」をクリック。これでスマホのストレージに保存されるという仕組みです。DropboxやGoogle Driveといったクラウドとの同期も可能。ただし、LINEやカカオトークには対応していません。

iPhoneの場合、通話内容の録音は自主規制により、原則不可です(脱獄アプリなら可)。このため、クレーマー対応にはICレコーダーとピックアップマイク「TP8」による録音がおすすめ。Android端末でも使えるクレーマー対応テクニックです。

クレーマー対応に動画は強力な武器

「TP8」は見た目はイヤホンですが、逆側がマイクになっている構造。受話口から相手の声と自分の声を同時に拾ってくれます。TP8のジャックをICレコーダーに接続し、録音をスタートしてから通話するだけ。TP8の実勢価格は1,482円です。

今やビジネスツールともいえるのがペン型カメラ。胸元に挿しておくと相手の表情を真正面から捕らえられます。同様にクレーマー対応をする場面でも、動画は強力な武器になるでしょう。

ペン型カメラ「P-120」は解像度1080pだけあって相手の人相もバッチリ記録可能。レンズはクリップの真上に潜んでいて、ノックの長押しで録画が始まるという、クレーマー対応にも使える仕様。実勢価格は12,800円です。

■「クレーマー対応」おすすめ記事
クレーマー対応に弱い人と強い人はココが違う
クレーマーで警察に捕まる危険のあるNGワード
クレームで逮捕される危険のある6つのNG行為
警察職員への苦情は公安委員会よりも監察官室
クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される
クレームの恐喝罪と脅迫罪と強要罪は何が違う?
クレーマーにカモにされやすいタイプはこんな人
悪質クレーマーが苦手とするタイプはどんな人?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事