ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

あらゆるレーザー取締りに対応する探知機が登場

セルスター工業のレーダー探知機「AR-33」は、LSM-300をはじめとするレーザー式オービスに対応するレーダー探知機です。最大の特徴は同社独自開発のフレデリックレンズにより、水平上下最大60度の広角受信が可能になった点でしょう。さらには、MSSSなどの可搬式オービスや車載型LSM-100による取り締まりも検知します。


あらゆるレーザー取締りに対応する探知機が登場

レーザー取り締まりを2段階で判定する

レーザーの受信性能は従来モデルの約2倍となり、より広範囲のレーザーをキャッチ可能になりました。道路脇に設置されることの多いLSM-300のレーザー照射範囲は水平110度、約70m手前から違反車両を検知するといわれており、これらの存在をいち早く検知できるわけです。

本体とアンテナを別々に設置するセパレートタイプなので、アンテナをレーザーの受信しやすいダッシュボード上やミラー裏などに設置できます。一体型に比べて、本体設置位置の自由度も高くなるのがメリットです。

レーザーの受信レベルを2段階(強・弱)で判定するので、オービスの接近をある程度把握できる仕組みです。新Kバンドのレーダーもカバー。北海道や千葉県で導入が進む、MSSSなどの可搬式オービスにも対応します。

車載型によるレーザー取り締まり検知

さらには、同社製レーザー受信機「AL-02R」をリアに取り付けることで、レーザーの後方受信に対応。これにより、北海道などで導入されている車載型LSM-100によるレーザー式のスピード取り締まりを検知できるようになります。

ゾーン30などの各種交通規制は、GPSデータで網羅。その他、取り締まりエリアやカーロケ受信など、レーダー探知機の基本機能は一通り押さえています。

受信方式はダブルスーパーヘテロダイン方式(レーダー部)、34chパラレル受信(GPS部)で、対応衛星はGPS、グロナス、ガリレオ、みちびき、SBAS、無線受信は18バンドとなっています。

サイズ/重さは108WX58HX23Dmm/117g(本体)、64WX20HX36Dmm/85g(アンテナ)。実勢価格は39,380円です。

■「レーダー探知機」おすすめ記事
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
レーダー探知機並みに使えるオービスアプリ3種
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
新型オービスの速度測定はポイントの何m手前?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
警察の「Nシステム」の全端末を網羅したマップ
新型オービス「MSSS」の驚くべき測定性能とは

■「速度違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事