ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドラレコアプリを導入して早急にあおり運転対策

東名高速でのあおり運転事故や常磐道のあおり運転暴行事件をきっかけに、ドライブレコーダーの需要が急増しています。とはいえ、高機能なメーカー製モデルは手が出ないという方もいるでしょう。安いモデルを探しても数千円はかかります。そこで、無料のドラレコアプリを導入して早急にあおり運転対策を行いましょう。


ドラレコアプリを導入して早急にあおり運転対策

ドラレコアプリが前後10秒を録画

「Safety Sight」は、損保ジャパン日本興亜が提供するドラレコアプリで、事故の前後10秒間の映像を自動で録画してくれます。録画を開始する衝撃パラメーターは、設定画面より調整可能です。録画後は、110番や保険会社の連絡先などを画面に表示してくれます。

走行中の映像はスマホのカメラで記録。GPSと連動し、走行マップと合わせて映像の確認ができるので、いざという時の重要な証拠となるでしょう。

運転支援機能も充実。前方車両の接近や発車検知時に、音で通知してくれます。損害保険会社のアプリだけあって、安全運転診断機能も搭載。走行時の速度・急操作・車間距離などを元に運転スコアを表示してくれます。App Store、Google Playで無料で入手が可能です。

UIが分かりやすいドラレコアプリ

「ドライブレコーダーZ」はiOS専用のドラレコアプリで、UIが非常に分かりやすい設計。衝撃を検知した後の自動録画に加え、ドライブ中の静止画撮影やルート・速度のマップ保存にも対応しています。

ドラレコ映像の録画は衝突後に自動で開始。衝撃を受けた後の10~60秒間(設定可能)を記録する仕組みです。なお、静止画の撮影はドライブ中に任意で行えます。Googleマップと連動して、ルートや速度などのドライブ情報をアプリ内に保存可能です。App Storeで無料で入手できます。

「アウトガード」は、細かな録画設定ができる本格派ドラレコアプリ。GPSと連動してマップ上に走行経路を記録でき、オフラインでの利用にも対応します。

録画映像は設定した容量を超えると、実機のドラレコのように古い動画に上書き保存していくため、スマホ端末の容量を圧迫しません。動画の画質・保存場所、ファイル形式(3GP/AVI/MPG/MPEG/MP4)、衝撃感知度は設定画面から変更できます。

常時録画に加え、衝撃を受けた後の緊急録画にも対応。一部機能に制限がありますが、Google Playで無料で入手可能。フル機能版は360円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事