ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

懐かしのFENラジオがスマホで楽しめる無料アプリ

「FENラジオ」は昭和の時代に、本場アメリカの雰囲気で洋楽と英語が楽しめるAMラジオ局として、人気を博していました。FENラジオで音楽情報番組「アメリカン・トップ40」を聞いた覚えのある人も多いでしょう。そんな懐かしの米軍放送のFENラジオが、スマホで無料で楽しめる専用アプリを紹介しましょう。


懐かしの「FEN」がスマホで楽しめる無料アプリ

##FENラジオは AFNインターネットラジオに

「FEN」は「Far East Network」の略。日本語では米軍極東放送網といいます。FENラジオは当時の日本で放送されている唯一の英語放送局で、本格的に英語を学びたい人や洋楽ファンに人気のラジオ局でした。1997年の米軍放送網の世界的統配により、FENラジオは「AFN=American Forces Network」に改称されています。

AFNは、アメリカ国外に駐留する米軍人向け放送で、日本のほか韓国・ドイツなど世界各地に放送局を持っています。AFNは局の運営自体を米軍が行っていて、登場するパーソナリティもすべて米軍所属。もちろん、放送は基本的に全部英語です。

AFNのインターネットラジオ「AFN 360」が始まったのは比較的最近のことですが、今ではヨーロッパ・中東と日本・韓国向けに配信されています。なお、ヨーロッパ・中東向けのAFNは日本からだとエリア制限で聞くことができません。

FENラジオを流れをくむAFNをスマホで聞く

FENラジオの流れをくむ日本・韓国向けのAFN放送をスマホで聞くには、アプリ「AFN Pacific」をインストールします。iOS、Adroidの両方に対応していて、それぞれApp Store、Google Playからダウンロード可能です。

アプリ「AFN Pacific」で聞けるラジオ放送は、三沢・東京・岩国・佐世保・沖縄の日本5局と、大邱・群山・ハンフリーの韓国3局がAMラジオやFMラジオで流しているものです。

各局の番組内容は毎時0分から3分間ほど米ABCやCBSなどのラジオニュースが流れ、その後に音楽番組に切り替わる時間帯がほとんど。また、朝晩にはAFN独自のニュース番組があったり、アメリカのスポーツ中継が行われたりします。

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
FM補完放送が始まる85~108MHz新規割り当て原則
AMラジオ廃止問題は2023年の再免許時がポイント
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR
ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事