ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

北海道胆振東部地震によって引き起こされた全道の停電は2日間以上に及び、被災者はスマホはもちろん、ラジオの電池切れの脅威にさらされることに…。このニュースが流れると、全国で“手回しラジオ”の需要が急増。特にソニーの「ICF-B09」と「ICF-B99」は大人気で、現在でもメーカー品切れが続いています。


スポンサーリンク
ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

ソニーは手回しラジオ老舗メーカー

東日本大震災以降、ラジオに付いたハンドルを回して発電、内蔵バッテリーを充電して使う手回しラジオが、多種多様なメーカーから発売されました。その中でも知名度が高いのがソニーです。

それもそのはず、ソニーは1997年から手回しラジオを作り続けてきた老舗メーカーだからです。そんなソニーの伝統ある手回しラジオの現行モデルが「ICF-B09」です。ソニーストア価格は8,910円です。

前モデルの「ICF-B08」をワイドFM対応にしたモデルで、上位機種には「ICF-B99」があります。こちらはICF-B09ではソフトライトとなっているボディ上面に、ソーラーパネルを備えて充電力をより高めた仕様。ICF-B99の方が価格が高騰するのもうなずけます。

ソニーは手回しラジオの開発に20年

手回しラジオの開発に20年の実績を持つソニー。充電用ハンドルの握りやすさや、回転時のトルク感などに一日の長があります。他メーカーにはマネのできないノウハウが詰まっているというわけ。その発電能力は1分間回してFMラジオ放送が50分聞けるというものです。

ソニーの手回しラジオICF-B09の受信周波数は530~1710kHz(AMラジオ放送)、76.0~108.0MHz(FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は36㎜/90mWです。FMスピーカー作動時間は80時間(乾電池使用時)で、電源は内蔵充電池、単3形乾電池×2本となっています。サイズ/重さは132W×77H×58D㎜/376gです。

なお、ソニーストアのWebサイトには、注文の一時停止の告知がなされています。注文済みでも最長で2019年5月の受け渡しになるというほどの品切れ状態が続いているのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事