ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

モバイルPASMOとSuicaが使えるスマホが少ない件

3月18日から関東地方の私鉄・バス沿線の人が待ち望んだ「モバイルPASMO」のサービスがスタートしました。しかし、スタートしてわかったのが、同じく関東で圧倒的にユーザーが多い「モバイルSuica」と同時にスマホにインストールして使える機種が少ないということ。そうなる原因はいったいどこにあるのでしょうか。


モバイルPASMOとSuicaが使えるスマホが少ない件

モバイルPASMOとモバイルSuicaの併用

2018年3月18日から、Android向けアプリの提供が開始された「モバイルPASMO」は、JR東日本がサービス中のモバイルSuica同様に、スマホひとつで交通系ICカードが使える便利なアプリ。これまでカード式PASMOで提供されていた定期券や、加盟する私鉄・バス各社が行うPASMO向け割引も利用可能となっています。

また、モバイルPASMOでは電話回線やWi-Fiなどを利用してクレジットカード決済でチャージが行えるため、ショッピング利用時にPASMOの残高が不足した際にもすぐに対応可能。これはカード式PASMOにはないメリットです。

しかし、モバイルPASMOを利用する場合、不便な点がひとつあります。それは、モバイルPASMOとモバイルSuicaを両方同時にインストールできる機種が、いまのところ非常に限られているということです。

PASMOとSuicaを同時利用できる機種

モバイルPASMOの公式サイトには、対応するスマホをリストアップ。それを見ると、モバイルPASMOとモバイルSuicaの両方を切り替えて使える「Type1」、どちらか片方だけインストールできる「Type2」、モバイルSuicaのみ対応でモバイルPASMOは使えない「Type3」に分けられています。

このうち、両方使えるType1に該当するのは、Googleの「Pixel 4/4XL」、ソニー・エリクソンの「Xperia 8」など、いずれも2019年夏以降に発売されたハイエンドモデルばかり。最近発売の機種でもシャープの「AQUOS sence3 Plus」などの普及モデルは、片方しか使えないType2になってしまいます。

Type1の機種では、Android向けアプリ「おサイフケータイアプリ」を使い、モバイルPASMOとモバイルSuicaを切り替えて利用。一方、Type2の機種ではモバイルSuicaが入った状態でモバイルPASMOをインストールしようとすると、エラーメッセージが表示されるだけです。


PASMOとSuicaが同時に使えない理由

このように、モバイルPASMOとモバイルSuicaが同時にインストールできない機種が多いのは、どうした理由なのでしょう。PASMOのシステムを開発・運営するパスモに確認したところ「理由については非公表」とのこと。また、機種ごとの対応状況については、実際に動作確認の上発表しているそうです。

公式発表はない状況ですが、モバイルPASMOとモバイルSuicaを両方同時にインストールできない理由となりそう項目が、おサイフケータイアプリの設定にありました。それは、「おサイフケータイのメモリ使用状況」というものです。

Type2のスマホに、モバイルSuicaのみをインストールした状態でこの項目を確認すると「鉄道・バス用」の空き容量が半分以下になっていました。仮に、モバイルPASMOがモバイルSuicaと同じ程度メモリを消費するとすれば、モバイルSuicaと同時インストールは難しいということになるわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。