ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブラックビデオの使い方でバレることのない設定とは?

一時期のカメラアプリはシャッター音の無音化機能が標準搭載されることも少なくありませんでしたが、ここ最近は自粛傾向。人気のLINEカメラやSNOWも当初は無音化が可能でしたが、現在はシャッター音が鳴るようになっています。そこで、プロの探偵が証拠撮りに活用する高性能な無音カメラアプリ「ブラックビデオ」の使い方とバレることのない設定方法とは何かを紹介しましょう。ブラックビデオは動画や写真の保存先も一工夫されています。


ブラックビデオの使い方でバレることのない設定とは?


ブラックビデオのバレるのを防ぐ使い方とは

ターゲットをこっそり撮影しているつもりでも、スマホ画面から撮影していることが周囲にバレるケースがよくあります。そんな事態を回避できるのが、iPhone向けの無音カメラアプリ「ブラックビデオ」です。ブラックビデオのバレるのを防ぐ使い方とは、撮影時のプレビュー画面をブラウザに偽装しながら、小さいファインダーで撮影の様子をチェックする方法です。

使い方で注目すべきは、ブラックビデオがアプリ起動と同時に動画&静止画のダブル撮影がスタートすること。動画から写真を切り出すと画質が悪くなったり、ピンボケ写真ばかりになったりしがちですが、このブラックビデオはバレることなく高画質で自動でピントも合わせてくれます。

ブラックビデオの使い方で、撮影時の画面は「ブラック・時計・ブラウザ」の3種類から選択可能。中でも、ブラックビデオでバレるのを防ぐ使い方なら、ブラウザでネットサーフィンを装いながら1.5cmほどの小さい小窓で画角のチェックができるので便利です。


ブラックビデオの使い方でバレることない保存先とは

ブラックビデオのバレるのを防ぐ使い方で注意すべきこととは、自動撮影なのでシャッターボタンは存在しないということ。ブラックビデオの使い方では、起動と同時に動画撮影がスタートすることに留意します。ブラックビデオの静止画写真は設定した時間ごと(1~16秒)に自動でシャッターが切られる仕組みです。定点観測にもブラックビデオの使い方は有効でしょう。

ブラックビデオの使い方で、撮影した動画ファイルと写真の保存先はiPhoneのカメラロール(写真)とアプリ内のパスロック付きのアルバムから選択可能です。ブラックビデオの使い方でバレることない保存先とは、パスロック付きアルバムを選択すること。不意にiPhoneの中身を見られても、すぐにブラックビデオの保存先がバレることはありません。

このように決定的瞬間を逃すことなく、周囲にバレることなく確実に記録できる無音カメラアプリが「ブラックビデオ」。ブラックビデオが入手できるのはApp Store。ブラックビデオは320円の有料アプリです。

ブラックビデオの使い方でバレることのない設定とは?


ブラックビデオの使い方でバレることない設定とは

なお、最新版のブラックビデオの使い方では、撮影がバレるのを防ぐ画面は「ウェブ・時計」の2種類。ブラックビデオの使い方は、アプリ起動と同時に撮影スタートとなるので、バレるのを防ぐ画面を出すには画面右下にある目のアイコンをタップします。

ブラックビデオの使い方では、ここで「ウェブ」か「時計」の選択。ブラックビデオの使い方でウェブを選択すれば、あらかじめ設定しておいたURLが表示される仕組みです。ブラックビデオで撮影している動画は、ウェブ画面の小窓に表示されます。

ブラックビデオの使い方で、時計を選択すると画面は時刻表示に切り替わる仕組み。時計モードではこちらはブラックビデオで撮影している動画が確認できる小窓は表示されません。撮影がバレるのを防ぐ画面から動画の画面に戻るには「ひと手間」かかる設計なので、不意にiPhoneを取り上げられてもブラックビデオの使い方を知らなければ操作不能。ブラックビデオの使い方でバレることない設定とは、この「ひと手間」がポイントです。

■「ブラックビデオ」おすすめ記事
無音カメラで画面オフで黒く真っ暗で撮影するアプリ

■「無音カメラアプリ」おすすめ記事
無音カメラアプリが証拠集めには役に立つ!
無音カメラでiPhoneカメラ機能をパワーアップ
無音カメラのおすすめ!無料&高画質アプリ
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能

■「スマホ」おすすめ記事
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • オービス情報もチェックできる渋滞情報アプリ?
    渋滞情報アプリでオービス情報もチェックできる?
  • ドライバー向け天気アプリはツーリングにも便利
    ドライバー向け天気アプリはツーリングにも便利
  • 車中泊マップアプリは入浴施設もサクッと探せる
    車中泊マップアプリは入浴施設もサクッと探せる
  • 千円で買えるレンズの再現度が高いダミーカメラ
    千円で買えるレンズの再現度が高いダミーカメラ

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]