ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

通話録音アプリはiPhoneでは「SMARTalk」を活用

スマホには標準搭載されていないことが多いのが通話録音機能。とくにアメリカでは通話録音行為が禁止されているため、iPhoneには通話録音アプリがありません。とはいえ、ビジネスシーンでの大事な会話など、通話録音アプリで通話記録はしっかり残しておきたいもの。通話録音アプリはiPhoneでは「SMARTalk」を活用します。


iPhoneの通話録音はIP電話アプリを活用する

通話録音アプリはiPhoneではIP電話

iPhoneの通話録音アプリには、IP電話アプリを活用します。iPhoneの通話録音アプリになる「SMARTalk」は050番号を使用する、IP電話アプリです。SMARTalkで注目すべきは8円/30秒という通常の半額以下の通話料だけでなく、その機能の豊富さにあります。

SMARTalkは周囲の雑音を排除するノイズキャンセリング機能のほか、通話録音機能も無料で使用できるのです。通話中に「録音」ボタンをタップすると通話内容が記録。通話録音アプリとして保存できます。

この通話録音アプリはiPhone版だけでなく、Android版も用意されているので、通話録音ができるIP電話アプリを探しているAndroidユーザーにもおすすめです。ただし、110番、119番など緊急電話番号、「0120」などの一部の番号には通話録音アプリから発信することができません。

通話録音アプリはAndroidで自動録音

Androidの通話録音アプリは「通話レコーダー」がシンプルで使い勝手がよいでしょう。すべての通話を録音した後で残すものを決めたり、知らない人からの着信時に自動で録音するなどの機能を備えた通話録音アプリです。

実際に通話録音アプリを使ってみると、通話開始とともに、画面左上に「●」が表示。これが通話録音アプリの録音中のマークとなります。通話が終わると、通話録音アプリ内に通話内容が保存。通話録音アプリで聞きたい項目を選べば再生できます。

通話録音アプリで録音した通話にはメモを加えたり、シェアすることも可能。通話録音アプリで音声形式や音量など細かい設定が可能。録音が不要な電話番号も指定できるので、通話録音アプリにデータがむやみに溜まっていくことも防げます。


通話録音アプリにiPhoneは録音制限

iPhoneの通話機能には録音制限が施されており、ボイスメモといった純正アプリは通話録音アプリに使用できません。しかし、スマホアプリ「TapeACall」なら、その制限を回避してiPhoneの通話録音アプリとして使用することが可能になります。

このiPhoneの通話録音アプリの使い方は、TapeACallを起動した状態で、ソフトバンクのグループ通話か、auの三者通話サービスを使って相手と電話するというもの。第三者としてTapeACallが入り、通話を録音するという仕組みです。

なお、この通話録音アプリは無料版と有料版の2種類があり、最初の60秒のみの録音再生であれば無料版で行えます。有料版の価格は1,200円です。なお、NTTドコモ回線では三者通話サービスがないので利用できません。

iPhoneの通話録音ができる「TapeACall」とは?

通話録音アプリをiPhoneで起動

iPhoneの通話録音アプリの使用方法は電話をかける場合、TapeACallを起動したら録音ボタンをタップします。録音が開始されるので、画面の「通話を追加」をタップし、「グループ通話」で録音したい通話相手に電話をかけます。

相手が出たら、話録音アプリグループ通話ボタンをタップしてすべての回線をつなげれば、iPhoneの通話録音アプリとしての機能がスタートするというわけです。

既に相手と通話している状態で、iPhoneの通話録音アプリを使いたい場合は、通話中にTapeACallを起動。話録音アプリの録音ボタンをタップし、「通話を追加」でグループ通話を選択します。

■「iPhone通話録音」おすすめ記事
iPhoneの通話録音はピックアップマイクを使う
iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった
iPhoneを録音するならスマホ用レコーダー
通話録音アプリほか何かと役立つ電話系裏アプリ
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事