ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone防水ケースはマナーモードがダイヤル式

iPhoneケースはいろいろな種類がありますが、中でも最強ともいえる防水性と強靭さを備えているのがカタリストの防水ケース。最大10mまで水中での使用が可能なだけでなく、2mもの高さから落下してもiPhoneをしっかりと守ってくれます。そんなiPhone防水ケースはマナーモードがダイヤル式なのも特徴です。


スポンサーリンク
iPhone防水ケースはマナーモードがダイヤル式

iPhone防水ケースで水中撮影が可能

さまざまなデータが入っているiPhoneは、台風やゲリラ豪雨で壊れてしまっては困ります。普段から完璧な防水ケースを装着し、万全を期したいところです。

オススメは「カタリスト」の完全防水ケース。iPhone7/7Plusからは、IP67相当の防水性能を備えていますが、「カタリスト」はそれを上回るIP68をマーク! 最大10mまで水中で使用できるのです。防災に備えるどころか、iPhoneを積極的に水中撮影などに活用できるでしょう。

実際、水の中に沈ませてみてもケース内に水は一切入りませんでした。また、防水性を考慮してか、マナーモードのオン/オフはボタンではなくダイヤル式となっているのもユニークです。

iPhone防水ケースの衝撃吸収機構

このiPhone防水ケースは衝撃吸収機構も備え、2mの高さから落としても端末の破損を防げるとのこと。iPhoneケース内部を見てみると、クッション材が各所にあって衝撃を吸収してくれる仕組みです。

それでいて、一体型タッチスクリーン対応フィルムによって、画面をしっかりと守りながらもスムーズにiPhoneのタッチ操作が可能。指紋認証の「Touch ID」にも対応しています。

iPhone防水ケースのサイズは、77W×151H×11.7Dmmで重さは52g。実勢価格は11,200円です。なお、iPhone7シリーズのほか、iPhone6シリーズ/iPhoneSE/iPhone5シリーズがラインアップされています。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析
iPhoneの指紋認証をロック解除する最新手口
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
クローンiPhoneの作り方を実際に検証した結果
無音カメラでiPhoneカメラ機能をパワーアップ
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事